筒井健夫=村松秀樹 編著『一問一答 民法(債権関係)改正』が刊行されました

 

 

 

 

 筒井健夫(法務省大臣官房審議官)=村松秀樹(法務省民事局参事官) 編著

 A5判並製/416頁

 ISBN:978-4-7857-2601-0

 定価:3,888円 (本体3,600円+税)

 発売日:2018/03


詳細
法務省の立案担当者による民法(債権関係)改正の解説書

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が、(一部を除き)2020年4月1日から施行される。1896年の民法制定以来、約120年ぶりとなる民法(債権関係)改正の全容を、法務省の立案担当者が一問一答形式で明らかにする。取引社会を基礎から支える契約に関する規定を見直すとともに、国民一般に分かりやすいよう実務上のルールを明文化した今回の改正の経緯・趣旨・実務への影響を示す、すべての実務家必携の一冊。

 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら