笹井朋昭=木村太郎編著『一問一答 成年年齢引下げ』が刊行されました

 

 

 一問一答 成年年齢引下げ

 

 笹井 朋昭(法務省民事局参事官)=木村 太郎(名古屋地方裁判所豊橋支部判事補(前法務省民事局付)) 編著

 A5判並製/224頁

 ISBN:978-4-7857-2691-1

 定価:3,024円 (本体2,800円+税)

 発売日:2019/01


詳細
民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について、立案担当者が解説する

平成30年の法改正により、成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられる一方、女性の婚姻開始年齢が18歳へ引き上げられることとなった。年齢要件を定める他の法令への影響の有無や、成年年齢の引下げ実施に向けた若年者保護の環境整備など、法改正の具体的内容と趣旨につき、立案担当者が解説する。
 
〈主要目次〉
第1章 総論〔Q1~Q7〕
第2章 成年年齢
 第1 成年年齢の意義〔Q8~Q14〕
 第2 成年年齢の引下げに向けた環境整備〔Q15~Q18〕
 第3 成年年齢引下げと養育費との関係〔Q19〕
第3章 婚姻開始年齢〔Q20~Q24〕
第4章 養親年齢〔Q25~Q27〕
第5章 施行日、経過措置〔Q28~Q33〕
第6章 関係法律の整備
 第1 総論〔Q34~Q37〕
 第2 国籍法の一部改正〔Q38・Q39〕
 第3 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律の一部改正〔Q40・Q41〕
 第4 罰則に関する経過措置〔Q42〕
第7章 その他〔Q43〕

 巻末資料1 新旧対照表
 巻末資料2 経過措置(改正法附則)
 巻末資料3 参議院の附帯決議
 巻末資料4 法制審議会総会の答申(法制審議会民法成年年齢部会の最終報告書)

 事項索引

 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら