nbl

NBL 1081(2016.9.1)号

NBLは直接購読制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 中小企業団体からみた債権法改正
       及川 勝(全国中小企業団体中央会 事務局次長・政策推進部長)

 

論説

  • 近時の共同不法行為論に関する覚書(上)―条文にない概念について―
       内田 貴(早稲田大学特命教授・東京大学名誉教授)

 

新連載

  • 日弁連海外贈賄防止ガイダンス(手引)の解説 第1回 序論―ガイダンスの意義と活用方法
       海外贈賄防止研究会/高橋大祐(弁護士)
  • 民事紛争処理研究基金設立30周年記念シンポジウム総括報告
     日本の医師養成教育と法曹養成教育および韓国の法曹養成
       柏木 昇(民事紛争処理研究基金理事長)

 

論説

  • 営業秘密保護に関する中国の法制度と最新実務(上)
       劉 新宇(金杜法律事務所パートナー弁護士/中国政法大学大学院 特任教授)
  • シェアリングエコノミーに関する欧州委員会報告書の解説と分析
       中崎 尚(弁護士)/佐藤亮太(弁護士)

 

特集 Brexitの法的インパクト

  •  10  雇用・労働
     雇用・労働者保護(渡航、ビザ含む)

       小谷ゆり子(弁護士)/南かおり(弁護士・英国事務弁護士(イングランド&ウエールズ))
  •  11   金融サービス
     
    Brexit対策としての欧州事業見直しのポイント

       大曲紹仁(弁護士)/酒向由紀(弁護士)

 

論説

  • 平成26年改正保険業法関係改正府令(2年内施行部分)の解説(下)
       飯田浩司(前金融庁総務企画局企画課保険企画室・専門官/弁護士)

 

連載

  • SWAT畑中悦子の事件簿 第6話 誰外何名という土地
       山野目章夫(早稲田大学大学院法務研究科教授)
  • はじめて学ぶ下請法 第4回 取引を開始する(3)
       金森 淳(公正取引委員会事務総局官房総務課課長補佐(前 企業取引課課長補佐(指導担当)))
  • FinTechの現状と法的課題 第6回 証券分野にみるFinTechとその法的課題
       長谷川紘之(弁護士)
  • Legal Analysis 第5回 マンション管理費滞納分請求訴訟において管理組合が区分所有者に請求することのできる「弁護士費用」に関する管理規約の解釈
       加藤新太郎(中央大学大学院法務研究科教授/弁護士)

 

NBLSQUARE

  • 平成28年改正商業登記規則等に基づく商業・法人登記事務の取扱いについて
        雄介(法務省民事局付)
  • 退職金額の適正性をめぐる納税者勝訴事例
       佐藤修二(弁護士)

     
  • この本 『法的整理計画策定の実務』(西村あさひ法律事務所=フロンティア・マネジメント(株) 編)
       杉本和士(千葉大学准教授)

 

NBLInformation

 

惜字炉

  • 読書の秋に思う

 

 

>>バックナンバーへ