nbl

NBL 1108(2017.10.15)号

NBLは直接購読制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 新人監査役の独り言
       木下 肇(日本電気株式会社 監査役)

 

論説

  • 第7回 裁判の迅速化に係る検証結果について
       最高裁判所事務総局
  • 銀行法等の一部を改正する法律(平成29年法律第49号)の解説
       波多野恵亮(前金融庁企画課信用制度参事官室 専門官・弁護士)
       井町大慧(前金融庁企画課信用制度参事官室 課長補佐)
       西澤祐樹(金融庁企画課信用制度参事官室 課長補佐)
       竹内裕智(前金融庁企画課信用制度参事官室 係長)

 

連載 立案担当者解説(第2回)

  • 民法(債権法)改正の概要
       筒井健夫(法務省大臣官房審議官)
       村松秀樹(法務省民事局参事官)
       脇村真治(法務省民事局付)
       松尾博憲(法務省民事局調査員(弁護士))
       前田芳人(法務省民事局付)

 

論説

  • 民法(債権関係)改正「見送り」事項に関する実務的検討(下)――契約条項見直しを中心に
       稲田和也(山梨大学生命環境学部教授)
       髙井章光(弁護士)

 

連載

  • 信託法をひもとく(第9回)生前信託と遺留分減殺
       佐久間 毅(同志社大学教授)
  • ステークホルダー対応の最前線(第9回)「人権監視法」の国際的進展と日本企業の対応の必要性
      ――日本企業の英国現代奴隷法に基づく開示例の分析、豪州版現代奴隷法の制定への動き、
        さらに、より強力なオランダ版新法(案)の概要等

       蔵元左近(弁護士・ニューヨーク州弁護士)

 

東京大阪四会倒産法部シンポジウム 倒産と国際化
~国際化社会における倒産実務の現状と課題~

  • 〔第2部〕パネルディスカッション
      第1テーマ 在外資産や海外子会社の取り扱い上の問題点(下)

       舘内比佐志(法務省訟務局長・前東京地方裁判所民事第20部 部総括判事)
       近藤丸人(弁護士)
       中西敏彰(弁護士)
       松村昌人(弁護士)
       上野 保(弁護士)

 

NBLSQUARE

  • 1 中国外商投資企業管理制度の最新動向について
      ――「外商投資企業設立及び変更届出管理暫定施行弁法」の改正を中心に

       張 国棟(中国弁護士)
  • 2 賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明の運用開始について
       宮城栄司(弁護士)

 

NBLInformation

 

惜字炉

  • 「働き方改革」における弁護士の使命

 

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら