nbl

NBL 1116(2018.2.15)号

NBLは直接購読制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 京都国際調停センターの設立
       岡田春夫(公益社団法人日本仲裁人協会常務理事・弁護士)

 

論説

  • 「民法(相続関係)等の改正に関する要綱案」の概要
       編集部
  • まとめブログの記事掲載と名誉毀損――大阪地判平成29年11月16日に接して
       太田 洋(弁護士・ニューヨーク州弁護士)/河合優子(弁護士・ニューヨーク州弁護士)
  • 独占禁止法と国際ルールへの道――平成29年ブラウン管国際カルテル事件最高裁判決
       村上政博(成蹊大学客員教授・一橋大学名誉教授)

 

座談会

  • システム開発取引はなぜ紛争が絶えないのか【Ⅱ】分析編――プロジェクトマネジメント義務の契約条項化
       影島広泰(弁護士)/企業法務担当者

 

立案担当者解説

  • (第6回)民法(債権法)改正の概要
       筒井健夫(法務省大臣官房審議官)/村松秀樹(法務省民事局参事官)
       脇村真治(法務省民事局付)/松尾博憲(法務省民事局調査員(弁護士))
       前田芳人(法務省民事局付)

 

 

連載

  • 事例で作る法務研修のレシピ(第28回)システム開発トラブル(当事者の義務)
       NBL法務研修委員会

 

論説

  • 人工知能の発展と企業法務の未来(3・下)
       角田篤泰(中央大学研究開発機構 機構教授/鹿児島大学司法政策教育研究センター 特任教授)

 

新連載

  • ミャンマー不動産法の理論と実務 第1回 連載開始に当たって
       湯川雄介(弁護士)

 

連載 

  • ステークホルダー経営のエンジン
      ――経営層・実務家に必要な思考法 第2回 成長のためのステークホルダー経営(2)

       藤井敏彦(多摩大学大学院客員教授)
  • 現代担保法研究会 第三者所有権留保と関係当事者間の特約の効力
       渡邊博己(京都学園大学経済経営学部特別教授)

 

NBLInformation

 

 

惜字炉

  • 合理性と不合理

 

 

 資料

  • 電通に対する労働基準法違反被告事件(刑事訴訟)判決文

 

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら