nbl

NBL 1120(2018.4.15)号

NBLは直接購読制・前払制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 明日は我が身――経営トップにとっての「不祥事予防のプリンシプル」の効用
       平野 剛(日本取引所自主規制法人 常任理事)

 

新連載
国際倒産事業再生をめぐる法的諸問題
――リーマン・ブラザーズの国際倒産を手掛かりとして

  • リーマン国際倒産事件研究会報告を始めるにあたって――溶ける国境、問われる法理
       伊藤 眞(日本大学大学院法務研究科客員教授・創価大学大学院法務研究科客員教授)
  • 第1回 リーマン・ブラザーズグループの倒産手続の概要と将来への志向
       上田裕康(弁護士)/日高 鑑(弁護士)

 

新連載
日米クラスアクションのリスク管理――BDTI研究会報告書から

  • 第1回 本研究会報告の意義と日米俯瞰、米国の制度と実務上の諸問題(1)
       島岡聖也(BDTIクラスアクション・リスク管理研究会 座長)
       市川佐知子(BDTIクラスアクション・リスク管理研究会 事務局・弁護士)

 

連続対談 サイバーセキュリティと法律

  •  4  ICT(情報通信技術)とサイバーセキュリティ――総務省・谷脇康彦 政策統括官(情報セキュリティ担当)に聴く
       谷脇康彦(総務省政策統括官(情報セキュリティ担当))/岡村久道(弁護士)

 

立案担当者解説

  • (第8回)民法(債権法)改正の概要
       筒井健夫(法務省大臣官房審議官)/村松秀樹(法務省民事局商事課長(前法務省民事局参事官))/
       脇村真治(法務省民事局付)/松尾博憲(弁護士(前法務省民事局調査員、元法務省民事局付))/
       前田芳人(東京地方裁判所判事補(前法務省民事局付))

 

論説

  • 法的整理と私的整理の関係と窮境企業に対する公的支援――事業再生の近未来
       高木新二郎(フロンティア・マネジメント(株)特別顧問・弁護士・博士(法学))
  • 自動運転における損害賠償責任に関する研究会 報告書の概要
       佐藤典仁(国土交通省自動車局保障制度参事官室 企画調整官)
  • 企業結合のクリアランス前の準備行為とガン・ジャンピングに係る欧州司法裁判所法務官意見と競争法実務への示唆
       井本吉俊(弁護士)/関本正樹(弁護士)/小川聖史(弁護士)

 

連載

  • GDPRガイドラインの解説(第4回)個人データ侵害の通知
       森 大樹(弁護士)/門野多希子(弁護士)
  • ミャンマー不動産法の理論と実務(第3回)不動産の利用権(1)
       湯川雄介(弁護士)/伴 真範(弁護士)
  • 独占禁止法判例研究会(第48回)土佐あき農業協同組合に対する排除措置命令事件
      (公正取引委員会平成29年3月29日排除措置命令・平成29年(措)第7号/公正取引委員会HP)

       向田直範(弁護士・北海学園大学名誉教授)

 

NBLInformation

 

 

惜字炉

  • 品質力強化による信用増大への貢献

 

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら