nbl

NBL 995(2013.2.15)号

★「NBL」は直接購読制を採っています
年間29,400円(税込み)/半年15,225円(税込み)
専用ファイル(半年分用)1,050円(税込み)=送料サービス=

  • 定期購入のお申し込み
 

主要項目

  • 《HOT/COOL Player》少額債権について考える
    ――債権法改正を踏まえて
    司法書士/司法書士法人F&Partners 北詰健太郎
  • 買収後の統合実務(PMI)は、買収対象選定のタイミングから始まる
    三井物産株式会社法務部 岩田航介
  • 鉄道運送法の現代化
    南山大学教授 家田  崇
    大阪大学准教授 久保 大作
    学習院大学教授 小塚荘一郎
  • 証券流通市場と民事責任(上)
    ――英米私法の損害論が示唆するもの
    立教大学法学部准教授 溜箭将之
  • 中小企業等の再建に向けたDDSの活用
    ――金融円滑化法の出口戦略として
    商工中金組織金融部担当部長・立教大学法学部兼任講師 中村廉平
  • トレード・ドレスをめぐる紛争に巻き込まれないために
    ――「アップル対サムスン」でも問題となった「トレード・ドレス」のポイント
    弁護士 井口加奈子/弁護士 村川耕平
  • 小沢事件判決の争点と政治資金収支報告書をめぐる今後の課題
    一般財団法人 日本品質保証機構 参与 丹羽繁夫
  • 独占禁止法判例研究会(28)
    金融商品取引所間の統合と競争政策
    ――株式会社東京証券取引所グループと株式会社大阪証券取引所の統合計画に関する審査結果(公取委平成24年7月5日、公取委HP掲載)
    立命館大学法学部教授 宮井雅明
  • CCPと倒産法制(中)
    ――関係当事者の破綻時における処理方法を中心に
    金融法委員会

 【連載】

  • 民事再生法の実証的研究
    第5回 再生手続の機関・費用
    ――実証データからみえる手続機関の役割
    沖縄国際大学准教授 上江洲純子
  • 事業再生迅速化研究会〔第2期〕 報告5・完
    倒産実務の国際的側面に関する諸問題(下)
    事業再生迅速化研究会第5PT
  • NBL判例紹介〔No.23〕
    判例紹介プロジェクト
  • 【NBL‐Square】
    ・医薬品ネット販売規制に関する最高裁判決(最二判平成25・1・11裁判所HP)
     弁護士 辰野嘉則
     弁護士 足立 格
    ・中国初の外国企業価格カルテル制裁事例によせて
     中国弁護士・中国政法大学大学院特任教授 劉 新宇
  • 惜字炉 「番頭」は日本版ジェネラルカウンシルだった

>>バックナンバーへ