海外腐敗行為防止法制と国際仲裁法制の戦略的活用

海外腐敗行為防止法制と国際仲裁法制の戦略的活用

早川吉尚・広瀬元康/弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所 編著

A5判上/300頁

ISBN:978-4-7857-2255-5

定価:4,400円 (本体4,000円+税)

発売日:2015/03

詳細
新興国でのビジネス取引・投資に特有のリスクをヘッジするには、「海外腐敗行為防止法制」と「国際仲裁法制」の戦略的な活用が不可欠。本書は、現代の国際ビジネス・投資の領域における重要なトピックである、2つの法制を並べて論じた画期的な実務解説書。

〈主要目次〉
第1章 新興国投資におけるリスクと法務戦略の必要性

第2章 海外腐敗行為防止法制の実態と戦略的対策
 Ⅰ 総 論
 Ⅱ 米 国
 Ⅲ 英 国
 Ⅳ 欧 州
 Ⅴ 中華人民共和国
 Ⅵ 日 本
 Ⅶ 法務戦略
 Ⅷ 贈収賄防止コンプライアンスと公益通報

第3章 国際仲裁法制の実態と戦略的活用
 Ⅰ 総 論
 Ⅱ 国際仲裁機関
 Ⅲ 中華人民共和国
 Ⅳ インド
 Ⅴ ベトナム
 Ⅵ インドネシア
 Ⅶ ロシア
 Ⅷ 投資協定仲裁
 Ⅸ 新興国投資と国際仲裁法制の戦略的活用

事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら