取締役会報告事項の実務

取締役会報告事項の実務

中村直人 著

A5判並/180頁

ISBN:978-4-7857-2262-3

定価:2,640円 (本体2,400円+税)

発売日:2015/04

詳細
取締役会での業務執行状況報告が始まって30年以上が経つが、報告事項の内容や考え方については、議論されることなく今日に至っている。なぜ、取締役会に報告をするのか、それは何のためなのか、どこまで実務の裁量の余地があるのかなど、筆者が日頃、企業の担当者から受けている相談に答える形でまとめる。報告事項の一覧表・記載例・模範例なども掲載。

〈主要目次〉
第1章 報告制度の沿革
第2章 報告制度の概要
第3章 報告義務の全体像
第4章 報告義務の根拠
第5章 報告の目的と報告事項
第6章 平成26年会社法改正と取締役会の報告事項の見直し
第7章 報告の仕方
第8章 具体的な報告事項
第9章 何を報告するかを自主的に決めるべきか?
第10章 取締役会議事録への記載
第11章 義務違反への制裁
第12章 業務執行状況報告等と役員の責任
第13章 最後に
事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら