新版 商品先物取引法

新版 商品先物取引法

河内 隆史=尾崎 安央 著

A5判並製/342頁

ISBN:978-4-7857-2756-7

定価:4,400円 (本体4,000円+税)

発売日:2019/12

詳細
民法(債権関係)改正・商品先物取引法改正等に対応した改訂版。

商品の定義に電力を追加する等、初版刊行後の商品先物取引法改正等を踏まえて初版を全面的に見直し、2020年度内に統合予定の総合取引所についても解説。

河内 隆史 明治大学名誉教授
尾崎 安央 早稲田大学法学学術院教授

〈主要目次〉

第1章 商品先物取引の経済的意義と法規制
 第1節 経済的意義における先物取引
 第2節 商先法上の「先物取引」
 第3節 商品先物取引に対する法規制の必要性
第2章 商品先物取引法
 第1節 目  的
 第2節 立 法 史
 第3節 商先法と金商法
 第4節 公的監督と自主規制
第3章 商品取引所・商品市場・商品市場における取引
 第1節 商品取引所
 第2節 商品市場
 第3節 商品市場における取引(法2条10項)
 第4節 相場の公表等
 第5節 取引所類似施設における取引
第4章 商品先物取引の決済
 第1節 商品先物取引における決済の意義
 第2節 商品取引清算機関と清算参加者
 第3節 証拠金制度
 第4節 最終決済
 第5節 特殊な取引の結了
 第6節 債務の不履行・違約
第5章 商品先物取引の受委託
 第1節 非会員等と商品先物取引
 第2節 商品先物取引業者の規制
 第3節 商品先物取引の受委託
 第4節 受委託の公正確保
 第5節 委託者財産の保全
 第6節 委託者保護基金制度
第6章 紛争の処理
 第1節 商品先物取引における紛争
 第2節 紛争解決機関
 第3節 商品取引責任準備金
第7章 国際商品先物取引法
 第1節 商品市場の国際化と法規制
 第2節 諸外国の商品先物取引法規制

 事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら