逐条解説 平成26年11月改正景品表示法――課徴金制度の解説

逐条解説 平成26年11月改正景品表示法――課徴金制度の解説

黒田岳士・加納克利・松本博明 編著

A5判並/243頁

ISBN:978-4-7857-2303-3

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2015/06

詳細
平成26年11月改正法により景品表示法に課徴金制度が導入された。消費者法に同制度が導入されるのは、これが初めてであることに加え、既存の課徴金制度にはない「被害回復」の視点を取り入れたものであり、極めて画期的なことと言える。本書は、この平成26年11月改正法の作成作業の中核となった課徴金制度検討室のメンバーが中心となり、この改正に関係したその他の職員も協力して、同改正法について解説したものである。

〈主要目次〉
第1部 改正の経緯および本改正法の概要
 第1章 本改正法成立までの経緯
 第2章 本改正法の概要

第2部 逐条解説
 第1章 総 則
 第2章 景品類及び表示に関する規制
 第3章 適格消費者団体の差止請求権等
 第4章 協定又は規約
 第5章 雑 則
 第6章 罰 則
 附 則

第3部 資 料

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら