JLF叢書 交渉教育の未来――良い話し合いを創る 子供が変わる

JLF叢書 交渉教育の未来――良い話し合いを創る 子供が変わる

野村美明・江口勇治 編

B5判並製/136頁

ISBN:978-4-7857-2329-3

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

発売日:2015/09

詳細
大学等の教員、企業人、弁護士や裁判官など、交渉の教育が法教育の中心と考える専門家たちが、小学校の低学年から高学年の生徒が、上手に話し合うための方法を学べるよう執筆。生徒が読んだり動いたり話したりする活動を通じて、自然と良い話し合いの方法を学ぶことができるように工夫。

〈主要目次〉
はじめに

【理論編】
小学校における交渉教育とは何か
 第1章 学級・学校での「もめごと」を超えて-良い話し合いができる学習へ-
 第2章 良い話し合いをするための7つの指針
 第3章 オレンジ事件(紛争)
 第4章 小学校生活における交渉教育の必要性
 第5章 交渉教育における教材開発の視点と手順
 コラム1 【交渉のフロンティア】企業と交渉
 コラム2 【交渉のフロンティア】いろいろな配役を演じてみよう

【実践編】
ウィン・ウィン(win-win)を目指す実践的授業とは何か
 低中学年
 第6章 「1つのオレンジをどう分ける!?」-演じて、観客になって観て、そしてみんなで考えよう-
 第7章 皆が納得できる仕事の分担の仕方を考えよう
 第8章 掃除当番を決めよう
 第9章 件(くだん)の宣言
 コラム3 【交渉のフロンティア】裁判における交渉
 コラム4 【交渉のフロンティア】ルールを探そう

 高学年
 第10章 こうへい君は本当に悪い?
 第11章 みんなが納得できるものさしで議論しよう
 第12章 みんなで仲よくバスケットゴールを使う方法を考えよう
 第13章 緑のカーテンプロジェクトを成功させよう!
 第14章 好きなもの嫌いなものゲーム
 第15章 ウィン・ウィン(win-win)のために最善の代替案を考える-交渉の強さを高め、解決へ導く手法-

おわりに

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら