「社外取締役ガイドライン」の解説〔第3版〕

「社外取締役ガイドライン」の解説〔第3版〕

日本弁護士連合会司法制度調査会 社外取締役ガイドライン検討チーム 編

A5判並製/326頁

ISBN:978-4-7857-2784-0

定価:4,180円 (本体3,800円+税)

発売日:2020/04

詳細
ガイドラインの改訂に携わった執筆陣が社外取締役の責任・役割を解説

2019年3月に改訂された「社外取締役ガイドライン」について、その趣旨・背景から実務上の対応までを詳説する。コーポレートガバナンスへの関心の高まりから、投資家、東証などが社外取締役に対して期待する役割はますます大きくなっている。社外取締役やその候補者のみならず受け入れる企業側も必携の書。

<主要目次>
第1章 本ガイドライン策定の経緯
第2章 本ガイドラインの2015年(平成27年)改訂の目的
第3章 本ガイドラインの2019年(平成31年)改訂の目的と「はじめに」の意義
 第1 「2019年(平成31年)改訂にあたって」の目的─社外取締役の定着と2つのコードの改訂と社会情勢の変化─
 第2 本ガイドラインの「はじめに」の意義
第4章 本ガイドラインの概要と特徴
 第1 本ガイドラインの全体像
 第2 社外取締役としてどのような者がふさわしいか
 第3 社外取締役の善管注意義務の法的分析
 第4 社外取締役の具体的活動の指針
第5章 本ガイドラインの逐条解説
 第1 社外取締役にはどのような者がふさわしいか
 第2 社外取締役の善管注意義務の法的分析
 第3 社外取締役の具体的活動の指針

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら