別冊商事法務№452 親子上場論議の現在地点――グループガイドラインとアスクル・ヤフー事件の検証――

別冊商事法務№452 親子上場論議の現在地点――グループガイドラインとアスクル・ヤフー事件の検証――

上村 達男・神作 裕之・斉藤 惇・坂本 里和・岩田 彰一郎・宍戸 善一・澁谷 展由 著

B5判並製/200頁

ISBN:978-4-7857-5286-6

定価:4,070円 (本体3,700円+税)

発売日:2020/07

詳細
親子上場問題への対応を考える上での決定版!

2019年、経産省がグループガイドラインを公表した直後にアスクル・ヤフー問題が表面化。本書では、収録する座談会、インタビューにより、グループガイドライン策定担当者、第一線で活躍する会社法研究者、渦中にあったアスクル元社長、アスクル社外取締役を務めた東証元社長が、親子上場問題へのあるべき対応を徹底論議。充実した関連資料も収録。

【著者】
上村 達男:早稲田大学名誉教授
神作 裕之:東京大学大学院法学政治学研究科教授
斉藤 惇 :KKRジャパンKKR Global Institute シニアフェロー
      元・東京証券取引所社長
坂本 里和:経済産業省経済産業政策局産業組織課長
岩田 彰一郎:(株)フォース・マーケティング アンド マネージメント 代表取締役社長
       前(株)アスクル代表取締役社長CEO
宍戸 善一:武蔵野大学教授・一橋大学 名誉教授
澁谷 展由:琴平綜合法律事務所 弁護士

〈主要目次〉
座談会 コーポレート・ガバナンス改革の進展を踏まえ、親子上場問題をどう考えるか
 ─アスクル・ヤフー事件の検証─
岩田彰一郎氏インタビュー
ヤフー株式会社から本書に寄せられたコメント
宍戸善一教授インタビュー
議決権行使の事前規制・再考
親子上場・子会社上場の議論状況と上場子会社・親会社の実務対応

資料1
 グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針
 (グループガイドライン)(一部抜粋)
資料2
 「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」
 ((グループガイドライン)の解説(一部抜粋)
資料3
 アスクル 第56回定時株主総会招集ご通知
 (2019年8月2日開催)(抜粋)
資料4
 法律意見書
資料5
 アスクル・ヤフー事件 リリース時系列

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら