改正会社法下における実務のポイント

改正会社法下における実務のポイント

塚本英巨・内田修平・髙木弘明 著

A5判並製/224頁

ISBN:978-4-7857-2380-4

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2016/01

詳細
平成26年改正会社法および改正法務省令を踏まえた実務について、平成28年総会で必要となる経過措置への対応やコーポレートガバナンス・コードへの対応等の事例を参考にしつつ、ポイントをわかりやすく解説。

〈主要目次〉
第1部 コーポレート・ガバナンスの強化
 第1章 改正までの経緯・背景等
 第2章 社外取締役の選任促進に向けた改正――「社外取締役を置くことが相当でない理由」の説明義務
 第3章 監査等委員会設置会社
 第4章 社外性の要件の見直し
 第5章 責任限定契約を締結できる取締役・監査役の範囲の拡大
 第6章 会計監査人の独立性強化
第2部 内部統制システム・事業報告・親子会社法制
 第1章 内部統制システム
 第2章 事業報告
 第3章 親子会社法制
 第4章 総  括
第3部 株式発行・M&A
 第1章 株式発行に関する改正 
 第2章 M&Aに関する改正

事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら