「個人データ」ビジネス利用の極意

「個人データ」ビジネス利用の極意

福本 洋一 著

四六判並製/264頁

ISBN:978-4-7857-2846-5

定価:2,970円 (本体2,700円+税)

発売日:2021/03

詳細
個人データをビジネス上で積極的に利活用するために、固定観念から抜け出そう!

ビジネスでの個人データの利用・活用を推進するために、固定観念から抜け出そう!多くの会社は個人データを自社のサービス提供のために収集・利用しているが、これからは、積極的に収集・分析して経営戦略に生かしきることが大切!大きな発想の転換を促す実務書。

福本 洋一 弁護士法人 第一法律事務所 弁護士

〈主要目次〉
第1講 ポストコロナ禍における個人データのビジネス利用の拡大
第2講 グローバルな個人データのビジネス利用に対する主要国の思惑
第3講 個人データの取扱いにおけるリスク評価
第4講 個人データのビジネス利用の問題の特殊性
第5講 AIでの個人データの利用がビジネスに及ぼす影響
第6講 AIは知的財産権としては保護されない
第7講 個人情報の本質
第8講 個人データの用途に適した加工
第9講 オンラインにおける個人に関するデータの取扱いの実態
第10講 個人情報の利用目的を特定する意味
第11講 プライバシーポリシーの役割
第12講 収集前にデータの用途を検討しておく
第13講 個人データの安全管理の実践
第14講 個人情報取扱規程の策定
第15講 個人情報に対する従業員の意識を向上させる工夫
第16講 個人データをクラウドで保管すべきか
第17講 個人データの漏洩等のリスク評価と対策
第18講 個人データの委託先に対する監督の実践方法
第19講 これからの個人データの収集の在り方
第20講 第4次産業革命によってもたらされる課題

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら