別冊NBL No.173 家族法研究会報告書――父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について

別冊NBL No.173 家族法研究会報告書――父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について

商事法務 編

B5判並製/232頁

ISBN:978-4-7857-7145-4

定価:3,520円 (本体3,200円+税)

発売日:2021/04

詳細
父母の離婚後における子の養育の在り方をめぐる立法課題と検討の方向性

近年複数の改正が行われている民法の家族法分野のうち、近時関心が高まる父母の離婚後における未成年の子の養育の在り方について研究者、実務家等による研究成果。子の利益を守るために、親権、監護権、養育費、養育計画といった制度の在り方について立法上の課題と方向性を示す。

〈主要目次〉
家族法研究会報告書~父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について~」の概要
家族法研究会報告書~父母の離婚後の子の養育の在り方を中心とする諸課題について~
未成年期に父母の別居・離婚を経験した子の養育に関する実態についての調査・分析結果の概要
質問一覧
未成年期に親の別居・離婚を経験した子に対する調査(簡易版)

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら