不正・不祥事対応における再発防止策――近年の調査報告書にみる施策の類型化

不正・不祥事対応における再発防止策――近年の調査報告書にみる施策の類型化

澤口 実・奥山 健志・山内 洋嗣・新井 朗司 編著

A5判並製/520頁

ISBN:978-4-7857-2910-3

定価:4,730円 (本体4,300円+税)

発売日:2021/11

詳細
実際に生じた不正・不祥事事案から内部統制システム構築のヒントを探る

実際に生じた不正・不祥事事案から導き出された各社の再発防止策を類型化・分析し、内部統制システム構築のヒントを探る。「資料版商事法務」における好評連載の大幅アップデートに加え、再発防止策・内部統制システム構築時の参考となる公的ガイドラインをとりまとめた新章を収録。

澤口 実  森・濱田松本法律事務所 弁護士
奥山 健志 森・濱田松本法律事務所 弁護士
山内 洋嗣 森・濱田松本法律事務所 弁護士
新井 朗司 森・濱田松本法律事務所 弁護士

<主要目次>
第1章 グループガバナンス
第2章 業務プロセス
第3章 品質・データ偽装
第4章 取引関係・取引先の管理
第5章 人材の育成及び配置
第6章 予算・ノルマ・インセンティブ
第7章 企業風土の改善・従業員教育
第8章 財務会計
第9章 内部監査
第10章 内部通報制度
第11章 取締役会・監査役会
第12章 グローバルガバナンス
第13章 再発防止策を策定する際に参考になるガイドライン
付録 調査報告書等における再発防止策一覧

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら