別冊商事法務 No.467 株主総会想定問答集〔2022年版〕

別冊商事法務 No.467 株主総会想定問答集〔2022年版〕

河村 貢・豊泉 貫太郎・河和 哲雄・蜂須 優二・岡野谷 知広 著

B5判並製/880頁

ISBN:978-4-7857-5301-6

定価:7,370円 (本体6,700円+税)

発売日:2022/02

詳細
法制度改正・社会情勢につき、総会担当者が押さえるべきポイントを網羅

改正会社法施行・産強法改正・CGコード改訂等、2021年は企業経営・ガバナンスのあり方が改めて問われる一年であった。ESG投資への機運の高まり等、投資家の意識も変化している。こうした新たなテーマに深く向き合い、総会で株主と芯の通った対話ができるよう、解説・質疑応答例をアップデートした。

河村 貢
豊泉 貫太郎 弁護士
河和 哲雄  弁護士
蜂須 優二  弁護士
岡野谷 知広 弁護士

◆執筆者による書籍付き関連セミナー
① 豊泉貫太郎弁護士「2022年株主総会への対応と『想定問答』作成の留意点」
(配信:2022/3/24~2022/5/24、申込期限:2022/5/17)
② 河和 哲雄弁護士「2時間で解説 2022年株主総会『想定問答』のポイント」
(配信:2022/3/25~2022/5/25、申込期限:2022/5/18)

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら