公開買付けの理論と実務〔第3版〕

公開買付けの理論と実務〔第3版〕

長島・大野・常松法律事務所 編

A5判上製/450頁

ISBN:978-4-7857-2462-7

定価:5,720円 (本体5,200円+税)

発売日:2016/10

詳細
第2版の刊行以降、インサイダー取引規制の改正など公開買付けを用いるM&A取引に大きな影響を与える改正が行われ、平成26年改正会社法では、特別支配株主による株式等売渡請求制度の創設や株式併合における株式買取請求制度の導入が、二段階買収の手法に変化をもたらした。第3版では、これら法改正等を反映するとともに、近時の実務上の変化や重要な裁判例を盛り込んだ。

〈主要目次〉
第1章 公開買付けの概要
第2章 公開買付けに関する基本概念の整理
第3章 強制公開買付けの具体的適用
第4章 公開買付けにおける開示規制
第5章 公開買付けにおける実体的規制
第6章 意見表明その他対象者に関する問題
第7章 公開買付けを行う際の実務上の留意点
第8章 公開買付けを利用した取引類型ごとの留意点
第9章 自社株公開買付け
第10章 公開買付規制違反に対する制裁

事項索引 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら