成長戦略と企業法制 BEPSの実務Ⅰ

成長戦略と企業法制 BEPSの実務Ⅰ

BEPS実務研究会 編

A5判並製/192頁

ISBN:978-4-7857-2526-6

定価:2,700円 (本体2,500円+税)

発売日:2017/05

詳細
BEPSとは「Base Erosion and Profit Shifting」の略称であり、各国の課税制度の違いを利用して税率の高い国から無税又は低い税率の国へ所得を移し、納税額を最小限に抑える行為。グローバル税制の大変革である「BEPS」について、企業に信頼できる処方箋を提供する。

〈主要目次〉
第1章 BEPSの全体像  
 1 はじめに
 2 BEPSプロジェクトとは何か
 3 BEPSプロジェクトの議論の経緯
 4 BEPSプロジェクトにおける日本、アメリカ、ヨーロッパの立ち位置
 5 日本にとってのメリット
 6 BEPSプロジェクトの画期性
 7 BEPSプロジェクトの政治的側面
 8 BEPSプロジェクトの問題意識
 9 BEPSにおいて問題視されたスキーム
 10 最終報告書の勧告
 11 最終報告書の実施
 12 日本企業がとらなければならない対応
第2章 ハイブリッド・ミスマッチ・アレンジメントの効果の無効化
 1 ハイブリッド・ミスマッチとは何か
 2 国内法に関する勧告
 3 ハイブリッド・ミスマッチの具体例への対応
 4 LPS事件とハイブリッド・ミスマッチ
 5 租税条約に関する勧告の概要

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら