経済刑法――実務と理論

経済刑法――実務と理論

芝原邦爾=古田佑紀=佐伯仁志 編著

A5判並製/696頁

ISBN:978-4-7857-2528-0

定価:8,640円 (本体8,000円+税)

発売日:2017/05

詳細
現在第一線で活躍中の実務家と研究者が協力して、変化しつつある我が国の経済刑法の最新の姿を描き出し、分析した法律実務書。第1部総論と第2部各論の二部構成で各犯罪類型につき詳細に解説。

〈主要目次〉
第 1 部 総  論
 第1章 経済刑法の現代的課題―編集にあたって
 第2章 経済刑法と実務
 第3章 実務から見た経済犯罪
 第4章 経済刑法の立法
 第5章 経済犯罪に対する制裁論
 第6章 経済刑法と手続

第 2 部 各  論
 第1章 会社財産を侵害する罪
 第2章 贈賄罪 
 第3章 租税犯罪
 第4章 犯罪収益・資金の規制
 第5章 営業秘密の侵害
 第6章 知的財産権侵害
 第7章 金融犯罪
 第8章 証券犯罪
 第9章 独占禁止法違反の罪
 第10章 コンピュータ、ネットワークに関連する経済犯罪
 第11章 刑法による消費者保護

  事項索引
  判例索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら