法と教育 Vol.7

法と教育 Vol.7

法と教育学会 編

B5判並製/132頁

ISBN:978-4-7857-2550-1

定価:3,240円 (本体3,000円+税)

発売日:2017/08

詳細
「法」と「教育」という異なる分野・異なる立場の理論家・実務家の「フォーラム」となるべく創刊された学会誌の第7号。本号には研究論文・実務報告・研究ノートと第7回学術大会の記録を収録。

〈主要目次〉
巻頭言 民事模擬裁判のすすめ〔笠井正俊〕

第1編 特別寄稿
高等学校社会系教科目における価値学習の実態と課題
—生徒の価値判断基準とその変容の分析を通して〔田中 伸・橋本康弘〕

第2編 論 考
〔研究論文〕
法教育における多様性概念「人の差異にどう向き合うか」
 —フランスの哲学教育が示唆するもの〔金子敏子〕
〔実践報告〕
合理的な配慮の求められる子どもたちに対する法教育の必要性
 —予防・福祉の観点から〔花田 将〕
児童の発達段階に「寄り添う」法教育
 —紙芝居教材『解釈のちから』を用いた実践を通じて〔松本榮次〕
〔研究ノート〕
憲法教育と立憲主義
 —憲法教育における立憲主義の再構成〔大坂 誠〕
スポーツから考える法教育
 —スポーツのルールに着目して〔宮島繁成〕
法教育のいじめ問題解決への応用可能性〔山崎聡一郎〕
道徳教育と法教育の対立と相互補完性
 —心情理解と権利主張の観点から〔山本 聡〕

第3編 大会記録
 〔パネルディスカッション〕 主権者教育と法教育87
 基調講演者:島袋 純
 パネリスト:与那嶺 匠・溝口和宏・後藤正邦
 司会:橋本康弘・藤井 剛

第4編 学会通信

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら