消費者庁・消費者委員会創設に込めた想い

消費者庁・消費者委員会創設に込めた想い

原 早苗/木村茂樹 編著

A5判並製/216頁

ISBN:978-4-7857-2564-8

定価:2,750円 (本体2,500円+税)

発売日:2017/10

詳細
2009年9月の消費者庁および消費者委員会の創設から8年が経過したが、消費者、消費者行政を取り巻く環境は大きく変化している。本書では、この消費者庁および消費者委員会創設の背景、理念、経緯を紹介し、創設後の消費者庁等の歩みを振り返る。

〈主要目次〉
第1章 福田康夫元総理 消費者庁立ち上げを語る――福田康夫元総理へのインタビュー
第2章 消費者庁および消費者委員会が設置に至るまで
第3章 消費者庁および消費者委員会が取り組んできたこと
第4章 消費者庁・消費者委員会設立の場に立ち会って――消費者行政推進会議委員の立場から 

巻末資料
・消費者行政推進会議とりまとめ~消費者・生活者の視点に立つ行政への転換~(平成20年6月13日)消費者行政推進会議 
・消費者安全法(平成21年6月5日法律第50号・第171回国会で成立した制定当初のもの)
・組織形態のあり方と消費者関係法令の整備について(阪田ペーパー) 
・国会において修正された事項

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら