M&Aにおける労働法務DDのポイント

M&Aにおける労働法務DDのポイント

東京弁護士会労働法制特別委員会企業集団/再編と労働法部会 編著

A5判並製/304頁

ISBN:978-4-7857-2579-2

定価:3,672円 (本体3,400円+税)

発売日:2017/12

詳細
バイサイドがM&Aを最終的に決断する上で、法務DD(人事・労務パート)の持つ意味は大きくなっている。M&Aにおける法務DDを数多く扱い、しかも、本委員会で労働法に関する専門的知識を研鑽してきた弁護士が、頻回に議論を重ね、法務DDに関して本格的に分析・解説した初めての実務専門書。

〈主要目次〉
はしがき
本書の使い方

第1編 ストーリーで読むM&Aにおける法務DD(人事・労務パート)
 第1章 キックオフ(買収対象企業の選定→秘密保持→スキーム選定→LOI→キックオフ)
 第2章 資料請求(資料請求→資料開示→資料検討)
 第3章 インタビュー 
 第4章 エグゼクティブ・サマリー作成
 第5章 報告会
 第6章 クロージング

第 2 編 法務DD(人事・労務パート)の要点 
 第1章 組織構成等
 第2章 労働条件通知書・就業規則等規程類・労使協定ほか
 第3章 賃金・賞与・退職金
 第4章 労働時間の管理および時間外・休日手当、深夜割増賃金
 第5章 法令遵守状況
 第6章 労働関連紛争等

事項索引 
判例索引 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら