ケースから考える内部統制システムの構築

ケースから考える内部統制システムの構築

中村直人 著

A5判並製/224頁

ISBN:978-4-7857-2580-8

定価:3,024円 (本体2,800円+税)

発売日:2017/12

詳細
2011年9月刊行の『判例に見る会社法の内部統制の水準』を全面的に改訂・改題。内部統制に関しての定着した判例の基準を詳説するとともに、「自社の内部統制は本当に網羅的にきちんと整備されているのか?」を確認するという時代のニーズに応え、内部統制の全体像として、網羅性のあるモデルを提示。

〈主要目次〉
第1章 あるべき内部統制の水準
 第1節 内部統制とはなにか 
 第2節 法的根拠の整理と従前の議論
 第3節 日本システム技術事件判決基準
第2章 内部統制の全体像と構築すべき具体策 
 第1節 全 体 像  
 第2節 実務対応  
第3章 ケーススタディ 
 第1節 内部統制に関する判例一覧 
 第2節 ケーススタディ  
  1 どのような個別リスクをピックアップすべきか
  2 従業員の横領等のリスク  
  3 内部検査体制  
  4 食品衛生法違反 
  5 独占禁止法違反 
  6 有価証券等の投資
  7 出版社の名誉毀損等

 事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら