別冊NBL No.141 プロバイダ責任制限法 実務と理論

別冊NBL No.141 プロバイダ責任制限法 実務と理論

堀部政男 監修

B5判並/268頁

ISBN:978-4-7857-7113-3

定価:4,180円 (本体3,800円+税)

発売日:2012/07

詳細
「プロバイダ責任制限法」が施行され10年が経過した。この間に蓄積された裁判例やガイドラインの策定・運用などの実務上の実績を踏まえ、これまでの法の運用状況や今後の展望を、行政担当者、プロバイダ等、民事法・刑事法の研究者、法曹実務家等幅広い関係者が論じる。


〈主要目次〉

第1章 概要・制定前史・制定10年後の検証
 1 インターネット上の情報流通とプロバイダ責任制限法の制定前史……堀部政男
 2 プロバイダ責任制限法の概要――法の概要と制定10年後の検証の概要……大村真一
第2章 実務上の運用・対応状況
 1 プロバイダ責任制限法ガイドラインの概要――著作権関係、商標権関係および発信者情報開示関係ガイドライ
  ンを中心に……桑子博行
 2 プロバイダ責任制限法名誉毀損・プライバシー関係ガイドラインの概要……大谷和子
 3 プロバイダにおける対応状況①―消極的メディエイターとしての悩み―……丸橋 透
 4 プロバイダにおける対応状況②――中小事業者での対応と支援……野口尚志
 5 プロバイダにおける対応状況③――実務運用の実態と実務からみた長期的課題……別所直哉
 6 インターネット上の人権侵害情報への対応に関する運用状況……那須井雅俊・松浦伯充・東海林岳史
 7 インターネット上の著作権侵害情報への対応に関する運用状況――JASRACの取組み……北田暢也
 8 インターネット上の商標権侵害情報への対応に関する運用状況……堤 隆幸
第3章 裁判例の解説
 1 プロバイダ等の作為義務……長瀬貴志
 2 「経由プロバイダの抗弁」に関する最高裁判決――最一判平成22・4・8民集64巻3号676頁……森 亮二
 3 不開示に関する重過失の解釈――最三判平成22・4・13民集64巻3号758頁……山本隆司
 4 プロバイダ責任制限法上の発信者概念と著作権の侵害主体――知財高判平成22・9・8判時2115号103頁
  ……岡村久道
第4章 理論的検討
 1 ソフトローとしてのプロバイダ責任制限法ガイドライン……森田宏樹
 2 プロバイダ等における約款のあり方―プロバイダ責任制限法との関係を中心にして―……山下純司
 3 発信者情報開示請求権の法的性質……町村泰貴
 4 提訴を容易にするための手続的方法……山本和彦
 5 プロバイダの刑事責任……佐伯仁志
第5章 プロバイダ責任等に関する欧米の最新事情
 1 二つの責任制限法と解釈動向――プロバイダ等の責任に関する米国の最新事情……平野 晋
 2 責任制限の対象となるホスティング・プロバイダの性質決定――プロバイダ等の責任に関するフランスの最新
  事情……森田宏樹
 3 テレメディア法と判例法理――プロバイダ等の責任に関するドイツの最新事情……鈴木秀美
 4 名誉毀損法の改正動向――プロバイダ等の責任に関するイギリスの最新事情……ジョン・ミドルトン
第6章 資 料
 1 プロバイダ等の責任等に関する裁判例
 2 プロバイダ等の責任等に関する諸外国の制度
 3 関連条文

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら