放送法を読みとく

放送法を読みとく

鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編著

A5判並/336頁

ISBN:978-4-7857-1664-6

定価:3,630円 (本体3,300円+税)

発売日:2009/07

詳細
わが国に放送が誕生して85年。時代の先端メディアとして社会的役割を担ってきたが、今改めてその制度上のあり方に注目が集まっている。今後の「新放送時代」に向けて若手の研究者、実務家が様々な角度から検討する。


〈主要目次〉

■放送の現状と系譜
 放送とは何か-放送の概念の変遷
 日本の放送実態
 放送法制の変遷
 放送行政の変遷
■放送法制の全体像
■放送の自由
 番組編集準則をめぐる憲法論
 免許制度
 放送を取り巻く諸制度
 規制機関の国際比較
■放送法解説
 総則・放送番組の編集等に関する通則
 日本放送協会
 放送大学学園
 一般放送事業者
 受託放送事業者・委託放送事業者
 認定放送持株会社
 放送番組センター
 雑則・罰則
■資料

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら