東北大学法政実務叢書1 金融取引における情報と法

東北大学法政実務叢書1 金融取引における情報と法

在庫無し

森田 果 著

A5判上/250頁

ISBN:978-4-7857-1621-9

定価:4,104円 (本体3,800円+税)

発売日:2009/03

詳細
金融取引における法ルールを、情報の経済学・金融契約理論から統一的に分析し、そのミルフィーユ(多層的)構造を示す、気鋭の研究者の意欲作。東北大学法政実務叢書第1弾。


〈主要目次〉

■はじめに
■基礎理論Ⅰ:最適金融契約の理論
 はじめに
 キャッシュフローの最適な配分を通じたセキュリティ・デザイン
 清算権の最適な配分を通じたセキュリティ・デザイン
 コントロール権の最適配分としてのセキュリティ・デザイン
 実証研究によるセキュリティ・デザインモデルの検証
 セキュリティ・デザインと法ルール設計のあり方
■基礎理論Ⅱ:「財産(権)」をめぐる法制度
 はじめに/Hansmann and Kraakman(2000)までの道標/組織法の「本質的」機能/対世効を持つ権利として
 の財産権/検証ルールから見た財産権/三つの理論の関係/最適金融契約理論と「財産(権)」をめぐる理論
 との交錯
■応用Ⅰ:優先権
 はじめに/モニタリングの分担仮説の拡張/先権の付与を認める法ルール/様々な応用場面/小括
■応用Ⅱ:第三者保証
 はじめに/保証の一般理論/保証の具体例とその分析/小括
■ミルフィーユ
 金融取引のミルフィーユ構造/法制度の役割
■参考文献

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら