AIの法律と論点

AIの法律と論点

福岡真之介 編著

A5判並製/428頁

ISBN:978-4-7857-2610-2

定価:4,320円 (本体4,000円+税)

発売日:2018/03

詳細
AIが技術面で進化していく中で、社会に普及していくためには、いくつか越えなければならないハードルがある。その一つが、法律面で生じる問題である。例えば、AIが事故を起こした場合、AIの開発者が全責任を負う法制度では、AIの開発はストップしてしまうだろう。他方で、開発者が全く責任を負わない法制度では、被害者は全く救済されず、社会においてAIに反対する風潮が高まるであろう。
このように、AI技術がどんなに進歩したとしても、AIが社会に普及していく上で、法律がボトルネックとなるおそれがある。現在の法制度の下では、AIによって生じる法律問題をどのように解決すればよいのかについて不明確な点が多い。法律が不明確だと、人々がどう行動すれば予測できないため、それもまた大きな問題である。
本書は、AIによって生じる法律問題について、そもそもどのような問題があるのかを整理した上で、どのように考えるべきかについて解説したものである。また、法律は倫理の問題と切り離せないため、倫理の問題についても一編を設けて解説している。
本書は、AIの法律について幅広くカバーしており、以下のとおり5つの編から構成されている。
第1編 AIの基礎知識
第2編 AIの法律〈基本編〉
第3編 AIの法律〈応用編〉
第4編 AIと倫理
第5編 AIと現行法の課題・未来の法制度への提言

<主要目次>
第1編 AIの基礎知識
 第1章 本書の基本的考え方と構成
 第2章 AIの基礎知識
第2編 AIの法律〈基本編〉
 第1章 AIの知的財産権
 第2章 AIに関する知識
 第3章 AIが行った契約の効力
 第4章 AIと刑事法
第3編 AIの法律〈応用編〉
 第1章 AIのシステム開発
 第2章 AIと個人情報・プライバシー
 第3章 AIと競争法
 第4章 AIと労働法
 第5章 AIと金融法
 第6章 AIと保険
 第7章 AIとサイバーセキュリティ
第4編 AIと倫理
 第1章 なぜ、AIと倫理なのか
 第2章 AIと倫理の問題に対する取組み
 第3章 AIに関する倫理的問題
 第4章 社会に広く受け入れられるAIを目指して
第5編  AIと現行法の課題・未来の法制度への提言

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら