取締役会付議事項の実務

取締役会付議事項の実務

山田和彦=倉橋雄作=中島正裕 著

A5判並/208頁

ISBN:978-4-7857-2211-1

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2014/08

詳細
「重要な」「多額の」など抽象的な要件を含む法定の取締役会決議事項について、実務上どのような事項を取締役会に付議すべきかを解説。付議基準の作り方や競業取引・利益相反取引・取締役への報告事項についてもQ&A形式でわかりやすく解説。

〈主要目次〉
はしがき
第1章 取締役会の決議事項概説
第2章 重要な業務執行の決定にかかる付議事項
第3章 競業取引・利益相反取引 
第4章 報告事項
第5章 取締役会付議基準の作り方
 1 付議基準を作成するときの考慮要素 
 2 実務的な配慮点
 3 事務処理の目安としての付議基準
 4 標準的なサンプル
 5 標準的な付議基準が想定する「取締役会のあり方」
 6 取締役会のあり方の変化と付議事項の範囲の見直し
 7 モニタリング・モデルの登場 
 8 監査役会設置会社によるモニタリング・モデルの採用 
 9 監査役会設置会社がモニタリング・モデルを採用した場合の付議基準 
 10 付議基準の作成と会社のあり方
事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら