執行役員の実務

執行役員の実務

倉橋雄作 著

A5判並製/226頁

ISBN:978-4-7857-2638-6

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2018/05

詳細
執行役員の法律関係と実務における制度設計のポイントをわかりやすく解説。

執行役員制度は、その普及と多様化において様々な法律問題が生じており、そうした問題へ対処するためには執行役員の法的な位置づけについての理解が必要である。本書では、執行役員の位置づけを会社法上だけでなく、民法や労働法上の位置づけも含めて整理した上で、実務上の制度設計のポイントや留意点について解説している。

〈主要目次〉
第1章 執行役員制度の誕生と発展
第2章 執行役員の会社法上の位置づけ
第3章 執行役員の民法上・労働法上の位置づけ
第4章 執行役員の選任・解任
第5章 執行役員の職務と責任
第6章 執行役員の報酬
第7章 各種規程類の見直し
第8章 「執行役員社長」の登場と実務対応
第9章 おわりに―執行役員制度のこれから

事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら