仲裁とADR Vol.13

仲裁とADR Vol.13

仲裁ADR法学会 編

B5判並製/122頁

ISBN:978-4-7857-2641-6

定価:3,024円 (本体2,800円+税)

発売日:2018/06

詳細
仲裁ADR法学会の学会誌第13号

2017年の学会で行われたシンポジウム「環境ADR―その意義と可能性」と研究者による2つの論説「片面拘束型ADRの意義と課題」「相談・情報提供の独自の意義と紛争解決制度」等を収録。

〈主要目次〉

論  説
 片面拘束型ADRの意義と課題…山本和彦
 相談・情報提供の独自の意義と紛争解決制度
  ――民間型ADRの利用促進に向けての考察…福井康太

実務の潮流
 超高齢化社会における介護・福祉紛争へのADRの活用…児玉安司・工藤陽一郎
 実用化フェーズに入るODR(Online Dispute Resolution)…万代栄一郎

ケース研究
 自治会トラブルの解決支援事例…山田栄一郎
 継続的人間関係のある紛争におけるADRの活用…森 倫洋

海外文献紹介
 Susan Blake, Julie Browne and Stuart Sime, The Jackson ADR
 Handbook (2nd edn, Oxford University Press, 2016) xli+320…川嶋隆憲
 Andrea Braun, Die vorinsolvenzliche Sanierung von Unternehmen: Ein
 Vorschlag fur ein neues Restrukturierungsverfahren unter Berucksichtigung
 der englischen Arrangements(Nomos, 2015), 336 pp.…河野憲一郎

ADR機関便り
 生命保険ADRの現状と課題…酒巻宏明
 公益財団法人日弁連交通事故相談センターの示談あっ旋…小林 覚

個別報告
 民事訴訟とADRの目的論について…上田竹志
 紛争解決過程における専門知――医療ADRを例に…渡辺千原

シンポジウム
 環境ADR――その意義と可能性
 〔司会〕高橋 裕 〔報告者〕小沼日加利・太田秀夫・大澤恒夫
 〔コメンテーター〕越智敏裕

学会雑報

会  則

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

 

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら