必携 債権法を実務から理解する21講

必携 債権法を実務から理解する21講

虎門中央法律事務所 編/柴田征範・板垣幾久雄・臺 庸子・浜本 匠・林田健太郎・塗師純子 著

A5判並製/280頁

ISBN:978-4-7857-2622-5

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

発売日:2018/08

詳細
債権法改正による企業法務への影響と対策をQ&A形式でやさしく解説。

2020年4月に施行される新しい債権法を実務から理解できるように、企業法務への影響とその対策を検討する必要性が高い項目を、論点別・業界別にQ&A形式でやさしく解説。本格的に学習をはじめる際の必携書。

〈主要目次〉
第1講 契約の成立と有効要件
第2講 消滅時効
第3講 法定利率・中間利息控除
第4講 契約解除
第5講 危険負担
第6講 債権者代位権
第7講 詐害行為取消権
第8講 多数当事者
第9講 保  証
第10講 債権譲渡・債務引受等
第11講 弁  済
第12講 相  殺
第13講 定型約款
第14講 売  買
第15講 賃 貸 借
第16講 寄  託
第17講 労  働
第18講 金融機関向け
第19講 不動産業向け
第20講 建設業向け
第21講 経過措置

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら