わかりやすい米国民事訴訟の実務

わかりやすい米国民事訴訟の実務

関戸 麦 編著 高宮 雄介=森田 茉莉子=片桐 大 著

A5判並製/288頁

ISBN:978-4-7857-2673-7

定価:4,104円 (本体3,800円+税)

発売日:2018/10

詳細
豊富な実務経験をもつ弁護士が、実務のポイントをわかりやすく解説

日本の民事訴訟よりもはるかに多くの労力および費用を必要とする米国民事訴訟について、経験豊富な弁護士が実務の勘所・視点をわかりやすく示す。米国民事訴訟に巻き込まれてしまった、あるいは、米国民事訴訟を回避したい日本企業をサポートする弁護士、企業の実務担当者にとっての座右の書。

〈主要目次〉
第1章 はじめに──米国民事訴訟対策の必要性
 COLUMN 原告側弁護士と、第三者からの訴訟資金の調達(Third Party Funding)
第2章 米国民事訴訟の全体像
第3章 訴状を受け取った後の初期対応   
 COLUMN 効果的なチーム編成  
 COLUMN 米国民事訴訟における民事保全
第4章 米国民事訴訟の回避
第5章 米国内の原告有利といわれる裁判所の回避
第6章 ディスカバリー  
 COLUMN 米国訴訟におけるコスト管理  
 COLUMN デポジション当日に証人がとるべき対応
 COLUMN セクション1782ディスカバリー  
 COLUMN ディスカバリーが効果を発揮する場面
第7章 ディスカバリーにおける秘密の保護  
 COLUMN 社内インタビューとアップジョン警告
 COLUMN 日本における弁護士・依頼者間の秘匿特権  
 COLUMN ディスカバリーと日本の個人情報保護法
第8章 専門家証人の確保と活用
第9章 トライアルの回避  
 COLUMN 米国民事訴訟で、和解の比率が高い理由
 COLUMN ハワイでの調停と、京都における国際調停センター
第10章 トライアル  
 COLUMN 仮想陪審(mock jury)/陰の陪審(shadow jury)  
 COLUMN 尋問当日に証人が留意すべきこと
 COLUMN 実務経験が積みにくい、米国の若手訴訟弁護士
第11章 評決から判決まで  
 COLUMN 米国で弁護士となるためのコストの重さ
第12章 上  訴  
 COLUMN 弁護士資格の統一と流動化
第13章 クラスアクション

 事項索引 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら