株対価M&Aの実務

株対価M&Aの実務

武井 一浩=松尾 拓也=森田 多恵子=田端 公美 編著

A5判並製/240頁

ISBN:978-4-7857-2701-7

定価:3,520円 (本体3,200円+税)

発売日:2019/03

詳細
ニーズが高まる株対価M&Aの最新実務をQ&A形式で解説。

現金を対価とするのではなく、買収会社の自社株を対価として行う株対価M&Aは、IoTが進化し業種を超えたコラボレーションが活発化するなかで、企業が国際競争力を強化するために重要な選択肢となっている。本書は、2018年の産業競争力強化法改正の内容をふまえて、最新の実務を解説する。

〈主要目次〉
第1章  株対価M&A解禁によるM&A新時代
第2章  株対価M&Aの実践【国内M&A編】
第3章  株対価M&Aの実践【クロスボーダーM&A編】

参考資料
 1 改正産業競争力強化法新旧対照表(抄録)
 2 産業競争力強化法施行令(抄録)
 3 経済産業省関係産業競争力強化法施行規則(抄録)
 4 産業競争力強化法施行規則(抄録)
 5 産業競争力強化法施行規則様式(抄録)
 6 事業再編の実施に関する指針(抄録)
 7 租税特別措置法(抄録)
 8 租税特別措置法施行令(抄録)
 9 租税特別措置法施行規則(抄録)
 10 会社法の読替表

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら