別冊NBL No.170 データ利活用のための政策と戦略――より良きデータ利活用社会のために

別冊NBL No.170 データ利活用のための政策と戦略――より良きデータ利活用社会のために

東京大学政策ビジョン研究センター 編

B5判並製/160頁

ISBN:978-4-7857-7142-3

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

発売日:2019/04

詳細
経営資源としてのデータ・AI生成物を巡る政策・戦略を研究者・実務家が提言

社会にとって価値あるサービスを提供するための経営資源は、モノではなく、大量のデータとデジタル空間における機械学習の生成物に移行しつつある。東京大学の研究者による政策・戦略立案についての提言と、企業実務家によるデータ利活用の実際をまとめたシンポジウム記録。

〈主要目次〉
オープニング  五神 真(東京大学総長)
Ⅰ 講演セッション【パートⅠ】
Ⅰ-1 産業データ政策――経緯と今後の課題  
    渡部俊也(東京大学執行役・副学長/東京大学政策ビジョン研究センター教授)
Ⅰ-2 エネルギーデータ戦略――日立東大ラボの議論「Society 5.0を支える電力システムの実現に向けて」から  
    吉村 忍(東京大学副学長/東京大学大学院工学系研究科教授)
Ⅰ-3 ヘルスケアデータ戦略  
    大江和彦(東京大学大学院医学系研究科教授)

Ⅱ 講演セッション【パートⅡ】
Ⅱ-1 個人情報の保護と利活用の両立に向けた法・政策の取組  
    宍戸常寿(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
Ⅱ-2 科学技術ビッグデータ戦略  
    坂田一郎(東京大学大学院工学系研究科教授)
Ⅱ-3 データヘルス政策  
    古井祐司(東京大学政策ビジョン研究センター特任教授)
Ⅱ-4 データプラットフォーム  
    喜連川 優(国立情報学研究所所長・東京大学生産技術研究所教授)

Ⅲ パネル討論Ⅰ 個人と産業データの流通と活用――グローバル&ローカルとオープン&クローズ
[モデレーター] 
渡部俊也(東京大学執行役・副学長/東京大学政策ビジョン研究センター教授)
[パネリスト] 
境田正樹(東京大学理事・弁護士)
宍戸常寿(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
岡田 淳(森・濱田松本法律事務所パートナー・弁護士)

Ⅳ パネル討論Ⅱ データ活用社会創成プラットフォームと社会連携
Ⅳ-1 話題提供① Mocap as a serviceから始まるモーション・ビッグデータの利活用  
    中村仁彦(東京大学大学院情報理工学系研究科教授)
Ⅳ-2 話題提供② ライフデザイン・イノベーション研究拠点、都市のスマート化等  
    東野輝夫(大阪大学大学院情報科学研究科教授)
Ⅳ-3 ポジショントーク① Society 5.0の実現に向けた東京大学のデータ利活用と産学協創  
    五神 真(東京大学総長)
Ⅳ-4 ポジショントーク② データ活用社会創成と社会連携に対するKDDIの取組  
    髙橋 誠(KDDI株式会社代表取締役社長)
Ⅳ-5 ポジショントーク③ データ活用社会創成プラットフォームと社会連携  
    石山 洸(株式会社エクサウィザーズ代表取締役社長)
Ⅳ-6 ポジショントーク④ データ活用社会創成と社会連携に対する吉本興業の取組  
    大﨑 洋(吉本興業株式会社共同代表取締役社長CEO)
Ⅳ-7 ディスカッション
[モデレーター] 
喜連川 優(国立情報学研究所所長・東京大学生産技術研究所教授)
[パネリスト] 
五神 真(東京大学総長)
髙橋 誠(KDDI株式会社代表取締役社長)
石山 洸(株式会社エクサウィザーズ代表取締役社長)
大﨑 洋(吉本興業株式会社共同代表取締役社長CEO)

クロージング  藤原帰一(東京大学政策ビジョン研究センター センター長)

* 登壇者の肩書きはいずれもシンポジウム「データ利活用のための政策と戦略」開催時点(2018年11月19日)のものによる。