投資信託・投資法人法コンメンタール

投資信託・投資法人法コンメンタール

澤飯 敦=大越 有人=滝 琢磨 編著 大橋 英樹=有里 貴夫=太田 昌男=大井 修平=前田 禎夫=白澤 光音 著

A5判並製/784頁

ISBN:978-4-7857-2720-8

定価:7,560円 (本体7,000円+税)

発売日:2019/06

詳細
金融庁の実務経験者と任期付弁護士経験者による逐条解説

「投資信託及び投資法人に関する法律」(投資信託・投資法人法)について、金融庁の実務経験者と任期付弁護士経験者が協働して、政令や内閣府令を踏まえつつ、逐条的に解説を行う。投資信託・投資法人法に関わる実務家、法律家、研究者、投資家その他の関係者にとって必携の1冊。

〈主要目次〉
第1編 総  則
 第1条(目的)
 第2条(定義)

第2編 投資信託制度
 第1章 委託者指図型投資信託(第3条~第26条)
 第2章 委託者非指図型投資信託(第47条~第57条)
 第3章 外国投資信託(第58条~第60条)

第3編 投資法人制度
 第1章 投資法人
  第1節 通則(第61条~第65条)
  第2節 設立(第66条~第75条)
  第3節 投資口及び投資証券(第76条~第88条)
  第3節の2 新投資口予約権及び新投資口予約権証券(第88条の2~第88条の23)
  第4節 機関(第89条~第116条)
  第5節 事務の委託(第117条~第119条)
  第6節 投資口の払戻し(第124条~第127条)
  第7節 計算等(第128条~第139条)
  第8節 投資法人債(第139条の2~第139条の13)
  第9節 規約の変更(第140条~第142条)
  第10節 解散(第143条、第144条)
  第11節 合併(第145条~第150条)
  第12節 清算(第150条の2~第164条)
  第13節 登記(第165条~第177条)
  第14節 雑則(第183条~第186条の2)
 第2章 投資法人の業務
  第1節 登録(第187条~第192条)
  第2節 業務(第193条~第210条)
  第3節 監督(第211条~第219条)
 第3章 外国投資法人(第220条~第223条)

第4編 雑  則(第223条の2~第227条)

事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら