ビジネス・ロー・スクールからのご案内                  

【有料WEBセミナー】グループ会社 リスク管理の勘所

このセミナーは終了いたしました。
番号
51210609
タイトル 【有料WEBセミナー】グループ会社 リスク管理の勘所
 ──「管理」目線ではなく「支援」目線で行えばうまくいく
開催日程 ご視聴可能期間 2021年6月9日(水)10時~2021年8月11日(水)17時
お申し込み期限 2021年8月4日(水)17時
講義時間    約2時間
開催場所 ※こちらは【WEBセミナー】専用窓口です。現地開催はございません。
 ご登録完了後に弊社より別途お送りするメールに記載の視聴URLにアクセスして下さい。
開催趣旨 ▶グループガバナンスの一つとして,グループ会社のリスク管理を実践していくにあたって,親会社のご担当者の中には,何から始めたらよいか悩んでいる方も多いでしょう。グループ会社の事業のどこにどのようなリスクが潜んでいるかは,グループ会社自身でないとわからないのが実情です。グループリスク管理の施策として,例えば,リスク情報を収集するアンケートを実施する,グループ会社のリスク管理担当者を一堂に会してグループリスク管理会議を行うなどが考えられますが,ここで大切なのは,グループ会社を「管理」する目線ではなく,どのように「支援」できるか,という目線です。3線ディフェンスにおいて2線が1線を牽制するだけでなく支援することが重要と言われているのと同じように,親会社もグループ会社のリスク管理をどのように「支援」するか,という目線が成功のカギとなります。
▶近時では,開示府令の改正やESGの開示強化の要請などにより,有価証券報告書の「事業等のリスク」において,詳細なリスク情報及びリスク対応策の開示が求められています。2020年3月期決算の企業の開示内容も大きく変容しており,その実例を丹念に検討することは,自社のグループリスク管理の高度化に大いに参考になるものと思われます。
▶本セミナーでは,以上のような問題意識のもと,多くの企業でグループリスク管理体制の構築や高度化に携わった講師により,実践的なグループガバナンス実務の要諦について解説していただきます。
主要講義項目 1.グループリスク管理とは何から始めるのか?
 ・なぜグループリスク管理を行う必要があるのか
  ‐グループガイドライン(経産省)のポイント
  ‐不祥事予防のプリンシプル(東証)のポイント
 ・グループリスク管理に必要な心構え
  ‐「子会社」ではなく「グループ会社」の意識
  ‐「管理」ではなく「支援」の意識
  ‐「コスト」ではなく「将来投資」の意識
 ・グループリスク管理の必要性をどのように親会社の経営陣に伝えるのか
 ・グループリスク管理を行うためのステップ
  ‐①グループ全体のレポートラインを見直す
  ‐②グループ全体のリスク抽出と評価を見直す
  ‐③グループ全体のリスク対応策を見直す
 ・無理なくリスク管理を行う秘訣とは

2.グループ全体のレポートラインを見直す
 ・3線ディフェンスをどのように活用するのか
  ‐3線ディフェンスをグループで導入する際のポイントとは?
 ・何をレポーティングしてもらうのか
  ‐日常的なレポートライン
  ‐定期的な委員会の活用方法
  ‐内部通報制度の再活用
 ・グループ会議を効果的に活用する
  ‐グループ会議の運営手法
  ‐グループ会議で何をするのか?
 ・リスク情報を親会社にレポートするツールとしてリスクマトリクスを活用する

3.グループ全体のリスク抽出・評価と対応策を見直す
 ・どのようにグループ各社のリスクを洗い出すのか?
  ‐効果的なアンケート方式による洗い出し
  ‐グループ会議でのワークショップ形式での洗い出し
 ・洗い出したリスクの整理をどうするのか?
 ・リスク対応策は有効なのか?
 ・リスク管理高度化のPDCAを回し続けるツールとしてリスクマトリクスを活用する

4.有価証券報告書から学ぶグループリスク管理
  ‐先進的なグループリスク管理を実践している企業の有価証券報告書から参考とな
   る取組みを紹介(5社~10社程度)

5.グループ会社で不祥事が発生した場合の親会社のあるべき対応とは?
 ・グループ会社に対応を任せて報告を受ける場合
 ・親会社が自ら対応すべき場合
申し込み要領 ■受講のお申込みを確認次第,折り返し請求書・振込用紙をご送付します。
■特にお申出のない限り,郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお,「振込手数料」は,ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしません。
■セミナー資料のみの販売はいたしません。
■ご記入いただきました個人情報は,弊社の「個人情報保護方針」(https://www.shojihomu.co.jp/p005)に従って適切に取り扱います。
■反社会的勢力と判明した場合には,セミナーへの出席をお断りいたします。
■講義内容・趣旨等を考慮のうえ,セミナーへの出席をご遠慮願う場合がございます。
■問合先 電話:03(5614)5650/E-mail:law-school@shojihomu.co.jp
WEBセミナーの推奨環境・受講方法 ※推奨環境は,光回線または安定したWi-Fiのもとでのご視聴です。
※vimeo を用いて配信します。(従来の配信方法から変更いたします)
※視聴URL,セミナー資料のダウンロードURLは,ご登録完了後に弊社より別途お送りするメールに記しています。申込時にメールアドレスを正しく入力して下さい。
※現在,弊社WEBセミナーは,回を重ねながら改良を行っているさなかにあります。できるだけ皆様に快適にご利用いただきたいと考えておりますが,皆様の通信環境により見え方・聞こえ方が異なる場合があるようです。恐れ入りますが,可能な範囲でPC,スマホ,タブレットなど,いくつかのデバイスでお試しいただけましたら幸いです。また,皆様の会社における外部コンテンツの視聴に関するポリシーの事前確認をお願いします。
WEB配信ご利用の注意事項 必ずお申込みの前にWEB配信ご利用の注意事項及びサンプル動画での動作をご確認ください(サンプル動画視聴パスワード【test】)。
受講料 1名につき33,000円(受講料30,000円+消費税等(税率10%)3,000円)
※お申し込み1口に対し,1名様の受講に限ります。
※視聴URLご案内後のキャンセルは一切お受けできません。
主催 株式会社 商事法務
講師
竹内 朗 弁護士・公認不正検査士(プロアクト法律事務所)
早川明伸 弁護士(早川経営法律事務所)

定員 999 名
添付ファイル 【WEB配信ご利用の注意事項】
添付ファイル 【サンプル動画】
このセミナーは終了いたしました。

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業2021年10月8日セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

slider_image1
slider_image2