BUSINESS LAW SCHOOL


 ►[重要なお知らせ]6月6日(月)よりセミナーのお申込手続を一部変更いたしました
 テーマ分類別目次は こちら からご覧ください

 

【有料WEBセミナー】経営にインフルエンスを与える法務になろう ~経営企画、広報、IRの経験を経て思う今後の法務のあるべき姿~

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
51220905
タイトル 【有料WEBセミナー】経営にインフルエンスを与える法務になろう ~経営企画、広報、IRの経験を経て思う今後の法務のあるべき姿~
開催日程 ご視聴可能期間 2022年9月5日(月)10時~2022年11月7日(月)17時
お申し込み期限 2022年10月31日(月)17時まで
講義時間    約3時間
開催場所 ※こちらは【WEBセミナー】専用窓口です。現地開催はございません。
 視聴期間開始時に弊社より別途お送りするメールに記載の視聴URLにアクセスして下さい。
開催趣旨 ▶日々の業務を通じて、「どうも、会社における法務部のプレゼンスが低い」「経営陣や事業部からの信頼を築けていないのでは……」「契約書チェックの毎日にうんざり」等と感じることはないでしょうか? 法務部門の努力にもかかわらず、それが企業価値向上につながっているのか経営陣等に理解されないことは多く、ひどい場合、経営の邪魔をしていると陰口を言われるケースもあります。
▶通常、法務部門が経営や事業の意思決定を行うことはないので、法務部門がいくら立派なアドバイスを行ったとしても、意思決定に反映されなければ意味はありません。法務部門のアドバイスについて、経営陣に理解してもらい、意思決定に反映されるような信頼を獲得する必要があります。つまり「経営にインフルエンスを与える法務」になることが重要です。この言葉は、ソニーの創業者である盛田昭夫氏のものであり、本講座の講師にとって、あるべき法務部門像としているものです。
▶「経営にインフルエンスを与える法務」になるためには、黙々と法務業務を行うだけでは足りず、様々な工夫が必要です。本講座では、上記の内容をどのように獲得していくのか、経営企画、広報、IR等の部門を経験した上でのあるべき法務部門について熱く解説します。

※収録前にお申込みいただいた方から、事前質問をお受けいたします(アンケートフォームはお申込完了後にご案内いたします)。
※本セミナーは収録動画をオンデマンド方式で視聴する形で受講いただきますが、視聴可能期間終了後に、講師と受講者の方にオンライン会議システムを通じてお集まりいただき,双方向での意見交換・質疑応答を行う場を設ける予定です。詳細は配信開始時にご案内いたします(zoomを利用する予定)。
主要講義項目 Ⅰ 法務部門の役割とあるべき姿
 1.法務部門の3つのミッション
 2.今後の法務部門のあるべき姿
 ――「経営にインフルエンスを与える法務」となって、経営にドライブをかけ、
    適切なブレーキをかける
Ⅱ 経営にインフルエンスを与える法務になるためには
 1.法務部門のミッションの再整理とビジョンの設定
  ・まずはミッションの再整理から(経営者や事業部が考える法務のミッションと
   法務が考えるミッションの乖離を防ぐ)
  ・法務部門のビジョンの設定
  ・企業価値向上と法務機能のつながりを意識する(法務部門の強化は、キャッ
   シュを生み出し、資本コストの低下にもつながる)
  ・法務部門メンバーの意識改革
 2.組織としてのインテグリティを高める
 3.法務部門のプレゼンス向上と経営陣・事業部門からの信頼の獲得
  ・会社の戦略・事業・業績を知る
    (会社の売上・利益、経営課題等を瞬時に言えるか)
  ・法務部門の立ち位置の四象限(宝務、崩務、呆務、保務)
  ・コーポレート法務機能を磨き上げ、会社を動かす提案をする
    (プレゼンスを高める近道)
  ・機密情報にアクセスできる環境を築く
    (法務は将棋盤の全部が見えていないといけない)
  ・法律以外の視点・スキルの獲得
    (セミナーや部内勉強会のテーマが法律に偏っていないか)
  ・「わかりやすさ」にとことんこだわる
    (専門用語ばかり使って自己満足になっていないか)
 4.組織・人員体制とローテーション
  ・法務部門のあるべき組織体制とは
  ・ダイバーシティの確保(同じようなキャラクターばかり集まっては法務部門の
   総合力は高まらない)
  ・戦略的なローテーション(一定期間別部門の経験を積むことは非常に重要)
  ・法務は「ジョブ型」雇用にすべきか
  ・インハウス弁護士の活用の仕方
 5.良い弁護士の選定――高い専門性以外の良い弁護士の条件とは
 6.トピックス
  ・不祥事対応における法務VS広報の戦い
  ・経営企画、IRを経て痛感するそれまでの自分の法務担当者としての至らなさ
Ⅲ 経営にインフルエンスを与える法務担当者とは
 1.法務担当者に必要なもの(法律知識だけ伸ばすような自己啓発は危険)
  (1)法律知識
  (2)ビジネス知識
  (3)ビジネススキル
  (4)インテグリティ
 2.法務担当者としてのパーソナルブランドの確立
    (自分のどの強みで勝負するか)
 3.法律以外のスキルの獲得
    (法律知識だけでインフルエンスを与えることは不可能)
 4.信頼される法務担当者の姿勢・行動事例集
 5.信頼されない法務担当者のNG行動事例集
 6.必見! 弁護士20人・法務マネージャー20人に聞いた
    法務担当者がやるべきこと、止めるべきこと
 7.不足している法務企画人材
 8.今後のキャリア形成の考え方
Ⅳ 今後の課題とまとめ
申し込み要領 ■受講のお申込みを確認次第、折り返し請求書・振込用紙をご送付します。
■特にお申出のない限り、郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお、「振込手数料」は、ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしません。
■セミナー資料のみの販売はいたしません。
■ご記入いただきました個人情報は、弊社の「個人情報保護方針」(https://www.shojihomu.co.jp/p005)に従って適切に取り扱います。
■反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへの出席をお断りいたします。
■講義内容・趣旨等を考慮のうえ、セミナーへの出席をご遠慮願う場合がございます。
■問合先 電話:03(5614)5650/E-mail:law-school@shojihomu.co.jp
WEBセミナーの推奨環境・受講方法 ※推奨環境は、光回線または安定したWi-Fiのもとでのご視聴です。
※vimeo を用いて配信します。(従来の配信方法から変更いたします)
※視聴URL、セミナー資料のダウンロードURLは、ご登録完了後に弊社より別途お送りするメールに記しています。申込時にメールアドレスを正しく入力して下さい。
※現在、弊社WEBセミナーは、回を重ねながら改良を行っているさなかにあります。できるだけ皆様に快適にご利用いただきたいと考えておりますが、皆様の通信環境により見え方・聞こえ方が異なる場合があるようです。恐れ入りますが、可能な範囲でPC、スマホ、タブレットなど、いくつかのデバイスでお試しいただけましたら幸いです。また、皆様の会社における外部コンテンツの視聴に関するポリシーの事前確認をお願いします。
WEB配信ご利用の注意事項 必ずお申込みの前にWEB配信ご利用の注意事項及びテスト用動画での動作をご確認ください(テスト用動画視聴パスワード【test】)。
受講料 1名につき33,000円(受講料30,000円+消費税等(税率10%)3,000円)
※お申し込み1口に対し、1名様の受講に限ります。
※視聴URLご案内後のキャンセルは一切お受けできません。
主催 株式会社 商事法務
講師
木村孝行 小林製薬株式会社 総務部長

●講師のプロフィール●
講師写真
木村孝行(きむら たかゆき) 小林製薬株式会社 総務部長。
証券会社、法律事務所勤務を経て2004年小林製薬株式会社入社。法務、総務、経営企画、広報・IR等のマネジメントを経験し、現在は、株主総会・取締役会の事務局、コンプライアンス、クライシスマネジメント、国内外の子会社管理等コーポレートガバナンス全般を担当。2002年司法書士試験合格。
定員 999 名
添付ファイル 【WEB配信ご利用の注意事項】
添付ファイル 【テスト用動画】
添付ファイル パンフレットPDF
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら