新任担当者のための株主総会運営の基礎と実践【全3回連続講座】

現在 各社複数名 のお申込みができます。
下の「申込みボタン」をクリックし、登録をお願いします。
番号
11190121
タイトル 新任担当者のための株主総会運営の基礎と実践【全3回連続講座】
~根拠法令・判例・実務慣行を踏まえた総会実務の基本構造を学ぶ~
開催日程 〔第Ⅰ講〕2019年1月21日(月)
〔第Ⅱ講〕2019年1月28日(月)
〔第Ⅲ講〕2019年2月8日(金)
各午後1時30分~4時30分(全3講 計9時間)
開催場所 株式会社 商事法務 3階 会議室(東京都中央区日本橋茅場町3-9-10)
開催趣旨 ▶招集通知の作成,チェック,総会シナリオ,想定問答等,一連の総会運営の対応については,会社法施行後の年月の経過とともに,ひな形等の整備が進み,また,各社におけるノウハウの蓄積も進んでいることと思われます。
▶ところで,こうしたひな形,ノウハウ等の蓄積が進みますと,総会準備を円滑に進めることができる反面,総会直前期には,多忙さもあって,一つひとつの記載・行為の根拠となる法令・判例,実務慣行の確認にまで手が回らない担当者も少なくないようです。また,担当者の世代交代,異動サイクルの短期化から,豊富な実務経験を有する方が身近におらず,根拠となる法令等の整理・理解・応用に不安を感じながら対応せざるをえないという担当者の声も耳にします。
▶そこで本セミナーでは,初めて総会を迎える担当者,経験の浅い担当者を主な対象として,現場の最前線で対応されている各講師が,総会指導の経験を踏まえ,総会運営実務上,重要なポイントについて,なぜそのような形になっているのかという法令等の根拠も含め解説いたします。
▶株主総会は,株式会社の重要事項を決定する法律上の最高の意思決定機関であるとともに,株式会社として最大のイベントです。この機会に,総会実務の根拠となる法令等を整理し,改めて株主総会運営に関する基本的な知識と考え方を身につけ,自信をもって本年株主総会を迎えるために本講座をご活用いただくことをお勧めいたします。
主要講義項目 【第Ⅰ講】株主総会事務局のスケジュール,総会当日までの主要事項の基本概念
 1 はじめに
  ⑴ 会社法上の株主総会の権限と役割
  ⑵ 実務において重視されるポイント
 2 最近の株主総会の動向
  ⑴ 株式分布状況の変化が株主総会に与える影響
  ⑵ 企業の株主総会へのスタンス
  ⑶ 機関投資家の株主総会へのスタンス
  ⑷ 一般株主の株主総会へのスタンス
 3 株主総会のスケジュール
  ⑴ 一般的な株主総会スケジュール
  ⑵ 年間のスケジュールの策定上の留意点
 4 想定問答の作成とその活用法
  ⑴ 想定問答を作成する目的
  ⑵ 想定問答の作成方法とスケジュール
  ⑶ 想定問答の利用方法
 5 株主総会議案の確定
  ⑴ 報告事項の確認
  ⑵ 決議事項として何を上程すべきか
 6 議決権行使の勧誘
  ⑴ 株主からの信任を得るための委任状勧誘とそのルール
  ⑵ 実質株主調査
  ⑶ 機関投資家の信任を得るための方策と注意事項
 7 招集通知の早期発送と電子化
  ⑴ 外国人投資家の増加と議決権行使
  ⑵ 招集通知の電子化
  ⑶ WEB開示,WEB修正
  ⑷ 証券取引所での開示とHPでの開示
 8 書面投票と電子投票
  ⑴ 書面投票と議決権行使書面
  ⑵ 電子投票制度
  ⑶ 議決権行使プラットフォームの活用
 9 株主提案への対応
 10 事前質問・書類閲覧・謄写請求への対応

【第Ⅱ講】招集通知(狭義の招集通知,事業報告,参考書類,計算書類,監査報告書,議決権行使書)の基本構造と各記載内容
 1 株主総会の招集決定
 2 狭義の招集通知
  ⑴ 狭義の招集通知と広義の招集通知
  ⑵ 狭義の招集通知の必要的記載事項
  ⑶ 便宜的に記載される事項
 3 事業報告
  ⑴ 会社の現況に関する事項
  ⑵ 会社の株式に関する事項
  ⑶ 会社の新株予約権に関する事項
  ⑷ 会社役員に関する事項
  ⑸ 社外役員を設けた会社の特則
  ⑹ 会計監査人に関する事項
  ⑺ 業務の適正を確保するための体制の整備に関する事項
  ⑻ 会社の支配に関する基本方針
  ⑼ 剰余金の配当等の決定に関する方針
 4 計算書類・監査報告書
  ⑴ 計算書類及び連結計算書類
  ⑵ 監査報告書
 5 参考書類
  ⑴ 剰余金の処分に関する議案
  ⑵ 定款変更議案
  ⑶ 役員等の選任議案
  ⑷ 役員の報酬等に関する議案
  ⑸ 役員退職慰労金に関する議案
  ⑹ その他の議案
 6 議決権行使書面

【第Ⅲ講】株主総会当日の運営と終了後の事務にかかわる基本概念
 1 株主総会の当日の運営の視点
 2 当日の役割分担の確認
 3 株主総会当日の会場設営
  ⑴ 会場内の席次配置
  ⑵ 第2会場
  ⑶ 株主総会場の設備機器
 4 株主総会当日の受付事務
  ⑴ 出席資格の確認
  ⑵ 代理人による出席
  ⑶ 携帯物の持込みへの対応(所持品検査等)
  ⑷ 株主以外の入場者(マスコミへの公開等)
 5 株主総会当日の議事進行
  ⑴ シナリオの作成と活用法(一括上程方式・個別上程方式)
  ⑵ 質疑応答(質疑応答の手順,説明義務等)
  ⑶ 動議の処理
  ⑷ 質疑の打ち切り方法
  ⑸ 議案の採決
 6 株主総会終了後の事務
  ⑴ 株主総会議事録の作成
  ⑵ 議決権行使結果の開示
  ⑶ 決議通知・剰余金の配当等
  ⑷ 登記事項の登記
申し込み要領 ■受講のお申込みを確認次第,折り返し請求書・受講票,振込用紙をご送付します。受講料は, 請求書到着日からセミナー開催後1ヶ月以内の間にお振り込み下さい。講義当日は,会場に受講票をご持参下さい。
■特にお申出のない限り,郵便局または銀行の受領証をもって領収証にかえさせていただきます。なお,「振込手数料」は,ご負担下さいますようお願いします。
■受講料の払い戻しはいたしませんので,ご都合の悪い場合は,代理の方のご出席をお願い申し上げます(この場合は,必ず事前に下記「問合先」までご連絡下さい)。
■講義資料・レジュメのみの販売はいたしません。
■ご記入いただきました個人情報は,弊社の「個人情報保護方針」(https://www.shojihomu.co.jp/p005)に従って適切に取り扱います。
■反社会的勢力と判明した場合には,セミナーへの出席をお断りいたします。
■講義内容・趣旨等を考慮のうえ,セミナーへの出席をご遠慮願う場合がございます。
■大地震発生等の諸事情により,セミナーを中止・延期する場合がございます。
■問合先 電話:03(5614)5650/E-mail:law-school@shojihomu.co.jp
特典 ■本HP上からのお申込の際,一括で1社2名以上お申込の場合,2人目から2,160円引きといたします。
受講時の注意事項 ※会場での録音・撮影,パソコン・携帯電話の使用はご遠慮願います。

※各講毎に受講者の交替も可といたします(この場合,申込書には,代表者名のみご記入下さい)。
受講料 64,800円(1名分,税込)
主催 株式会社 商事法務
講師
〔第Ⅰ講〕福﨑剛志 弁護士(日比谷タックス&ロー弁護士法人)
〔第Ⅱ講〕山田和彦 弁護士(中村・角田・松本法律事務所)
〔第Ⅲ講〕奥山健志 弁護士(森・濱田松本法律事務所)

定員 50 名
添付ファイル パンフレットPDF
申し込む
現在 各社複数名 のお申込みができます。

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら

長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
岩田合同法律事務所