一問一答 新しい民事訴訟制度(デジタル化等)


一問一答 新しい民事訴訟制度(デジタル化等)
令和4年民事訴訟法等改正の解説

脇村 真治 編著


A5判並製/344頁
ISBN:978-4-7857-3098-7

定価:3,960円 (本体3,600円+税)

発売日: 2024年03月

在庫: 在庫あり

数量:
クーポンコード: 只今準備中です。

詳細

立案担当者が法改正の趣旨・内容をわかりやすく解説する         

民訴手続の全面的なデジタル化(IT化)に向け令和4年改正法が創設した法定審理期間訴訟手続や当事者に対する住所・氏名等の秘匿の制度等の新制度に加え、令和4年改正法施行と密接に関連、同時施行される令和5年改正法の一部項目(電子判決書等に基づく執行や執行文付与等の手続)も解説。

脇村 真治  前法務省民事局参事官(現農林水産省大臣官房法務支援室長)

主要目次


第 1 章 総  論
第 2 章 民事訴訟に関する手続のデジタル化の概要
第 3 章 インターネットによる申立て等
第 4 章 送達に関する見直し
第 5 章 ウェブ会議による口頭弁論等
第 6 章 訴訟記録の電子化
第 7 章 訴訟記録の閲覧等
第 8 章 証拠に関する見直し
第 9 章 総則に関する見直し
第 10 章 第一審の訴訟手続に関する見直し
第 11 章 簡易裁判所等に関する見直し
第 12 章 法定審理期間訴訟手続
第 13 章 当事者に対する住所、氏名等の秘匿
第 14 章 民事訴訟に関する手続以外の民事裁判手続関係に関する見直し
第 15 章 費用法に関する見直し
第 16 章 施行日及び経過措置

資料 民事訴訟法(IT 化関係)等の改正に関する要綱
事項索引

 

関連書籍

処理中です…

このままお待ちください。