;

資料版/商事法務

資料版/商事法務 480(2024.03)号

株主総会・開示書類の事例と分析

【購読案内】

冊子購読プラン

  • 資料版/商事法務 年間購読料:47,300円(税・送料込)

資料版/商事法務と電子版がセットになった購読プラン

  • 資料版/商事法務(データベース付き)年間購読料:71,060円(税・送料込)
     

データベース付きは在宅勤務やテレワークに対応し、創刊号からのバックナンバーで効率よく、より効果的に掲載情報を検索・収集・確認・ダウンロード・印刷が可能です。
(最新号の収録は、発行日から約2週間後となります。)

データベースの詳細

データベース動作環境

 

株主総会状況調査

 

最新号主要目次

視点

  • 「ビジネスと人権」と開示
       森田多恵子(弁護士)

 

  • 株主提案への実務対応
       伊藤広樹(弁護士)
       森 駿介(弁護士)
       安西一途(弁護士)
  • 個人株主の動向と個人株主向けの各種施策の現状
       磯野真宇(弁護士)
  • 2024年における機関投資家の議決権行使基準等の改定と株主総会に向けた実務対応
       白鳥琢也(三井住友信託銀行)

 

連載

  • ESG株主に聞く<第5回>コーポレート・アクション・ ジャパン
  • 有価証券報告書の記述情報の開示事例分析(3・完)
    ──2022年4月期〜2023年3月期──

       遠藤基弘(公認会計士)
       立木真理子(公認会計士)
       橋本篤史(公認会計士)
  • コーポレート・ガバナンス報告書の記載事例分析(2)
    ──2023年12月15日および2024年1月15日現在──

       三菱UFJ信託銀行 法人コンサルティング部
       会社法務・コーポレートガバナンスコンサルティング室

 

判例評釈

  • スジャータめいらくの吸収合併にかかる株式買取価格決定申立事件の検討
    (最決令和5年10月26日本誌479号145頁)

       仲 卓真(大阪公立大学)

 

最近の裁判動向

  • 振替株式の名義株主でない者を含む原告らによる東芝に対する
    有価証券報告書の虚偽記載等を原因とする損害賠償請求事件
    東京地判令5・12・21

 

2023年6月総会

  • 剰余金処分議案の分析と記載事例
  • 会計監査人選任議案の事例分析
  • 計算書類
  • 監査報告書

 

2024年2月総会64社の分析

  • 1.開催日・開始時刻
    1-1.開催日
    1-2.開始時刻
  • 2.開催会場・バーチャル総会
    2-1.開催会場
    2-2.バーチャル総会
  • 3.出席株主数
  • 4.所要時間
  • 5.書面等による事前質問
  • 6.当日の質問(発言)者数
  • 7.お土産
  • 8.決議事項に関するトピック
    8-1.議案の賛否、株主提案権、議案の変更・取下げおよび動議
    8-2.主な定款変更議案の内容
  • 9.報告事項等に関するトピック
  • 10.電子提供措置の開始日・有価証券報告書の開示日
  • 11.電子提供制度対応に係る株主宛送付物
    11-1.本年の招集通知の送付形態
    11-2.来年の招集通知の送付形態
    11-3.総会当日の株主総会資料の備置き・配付の有無  
  • 記載例・開示例
  • 一般会場開催会社の開催場所一覧
  • 各社の開催状況一覧
  • 株主の質問

臨時総会動向(2月開催15社)

処理中です…

このままお待ちください。