nbl

NBL 1063(2015.12.1)号

NBLは直接購読制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • リーガルアシスタント制度について
       徳田安智(株式会社沖縄銀行リスク管理部執行役員部長)

 

新連載

  • TPPと政府・企業法務 第1回 TPP及び国際経済法実務の概要
    米谷三以(弁護士)/藤井康次郎(弁護士)

 

論説

  • 「データに関する取引の推進を目的とした契約ガイドライン」を公開
       鈴木秀史(経済産業省商務情報政策局情報経済課係長)
  • OECDの国際課税ルール見直しと企業実務をめぐる国内法への影響
       石井 亮(弁護士)
  • 平成27年労働者派遣法改正法および関係政省令等の解説
       厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部需給調整事業課
  • 訴訟告知の効力(上)~債権法改正の文脈において~
       高須順一(弁護士・法政大学大学院法務研究科教授)
  • 外国公務員贈賄防止指針の改訂のポイント(3・完)
     ―国際的な規制環境および海外コンプライアンス実務の視点から
       西垣建剛(弁護士)/茨城敏夫(弁護士・公認会計士)

 

連載

  • 景品表示法の構造と要点 第11回 不当表示各論(下) 有利誤認表示、指定告示該当表示
       白石忠志(東京大学教授)
  • 事例で作る法務研修のレシピ 第19回 外国公務員贈賄規制(FCPAを中心に)
       NBL法務研修委員会
  • 電力システム改革の概要と電力法務の基本的視点 第3回 小売電気事業者の法務の基礎(その1)
       松平定之(弁護士)

 

  • 法制審議会便り
       山下和哉(法務省民事局付)
  • 官公庁便り
       (消費者庁消費者制度課から) 渡邊貴大(消費者庁消費者制度課 政策企画専門職)
       (内閣府消費者委員会から) 増田朋記(内閣府消費者委員会事務局参事官補佐)

 

  • この本 『破産管財人の財産換価』(岡 伸浩=島岡大雄=進士 肇=三森 仁 編著)
       園尾隆司(弁護士)

 

NBLInformation

 

惜字炉

  • 電子メールの憂鬱

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら