nbl

NBL 1110(2017.11.15)号

NBLは直接購読制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 仮想通貨モニタリングチームの新設と今後の動向
       多賀淳一(金融庁監督局 仮想通貨モニタリング長)

 

論説

  • スマートコントラクトについて
       木下信行(アフラック・シニアアドバイザー/元日本銀行理事)

 

新連載

  • GDPRガイドラインの解説 第1回 データ保護影響評価(DPIA)
       森 大樹(弁護士)
       原田真紀子(弁護士)

 

立案担当者解説(第3回)

  • 民法(債権法)改正の概要
       筒井健夫(法務省大臣官房審議官)
       村松秀樹(法務省民事局参事官)
       脇村真治(法務省民事局付)
       松尾博憲(法務省民事局調査員(弁護士))
       前田芳人(法務省民事局付)

 

論説

  • 生命保険における資産運用成果の契約者への還元について(上)
       饗庭靖之(首都大学東京法科大学院教授・弁護士)

 

座談会

  • 民事再生手続の再活性化に向けて(下)
       藤本利一(大阪大学教授)/森 純子(大阪地裁部総括判事)
       川畑正文(大阪地裁部総括判事)/小松陽一郎(弁護士)
       上田裕康(弁護士)/中井康之(弁護士)
       宮崎裕二(弁護士)/石井教文(弁護士)
       印藤弘二(弁護士)/宮本圭子(弁護士)
       中森 亘(弁護士)

 

東京大阪四会倒産法部シンポジウム 倒産と国際化
~国際化社会における倒産実務の現状と課題~

  • 〔第2部〕パネルディスカッション
      第3テーマ 比較法的観点から見た法的整理の再検討(上)
       田代アンネロゼ(ドイツ弁護士)/杉本純子(日本大学准教授)
       相羽利昭(弁護士)/大澤加奈子(弁護士)
       柴田義人(弁護士)/上野 保(弁護士)

 

連載

  • 信託法をひもとく(第10回)受益者の定めのない信託(目的信託)
       佐久間 毅(同志社大学教授)
  • 行動する法務―行政機関へのアプローチ(第8回)
      営業秘密侵害品等不正競争防止法違反物品に関する水際措置の概要等について

       阿久津匡美(弁護士)

 

NBLInformation

 

惜字炉

  • 真贋を見抜く眼

 

【1109号(2017年11月1日号)補遺】

 上記の号に掲載の新谷美保子「衛星リモートセンシング法の概説と衛星データ活用の未来」5頁の本文中および【図1】中にある「解析データ」とは、同ページの囲み中にある「高次付加価値データ」と同義です。ここに補足させていただきます。

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら