nbl

NBL 1156(2019.10.15)号

NBLは直接購読制・前払制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • ノウハウ・知的財産権を対象とした優越的地位の濫用
      ――実態調査の概要と注意点

       山田昭典(公正取引委員会事務総長)

 

論説

  • 特別養子制度の見直し(令和元年民法等改正)の概要
       山口敦士(法務省民事局参事官)
       倉重龍輔(法務省民事局付)
       大嶋真理子(東京地方裁判所判事補(前法務省民事局付))
  • 債権法改正に関する経過措置の解説(1)
       村松秀樹(法務省民事局民事第二課長)
       笹井朋昭(法務省民事局参事官)
       脇村真治(法務省民事局付)
       松尾博憲(弁護士(元法務省民事局付))
       秋田 純(法務省民事局付)
       周藤崇久(法務省民事局付)
  • 倒産手続のIT化に向けた中間取りまとめ―要約版―(上)
       杉本純子(倒産手続のIT化研究会座長・日本大学法学部教授)
  • 第8回 裁判の迅速化に係る検証結果について
       最高裁判所事務総局
  • 戸籍法の一部を改正する法律の概要(2)
       北村治樹(農林水産省法務支援室長(前法務省民事局参事官))
       遠藤啓佑(法務省民事局戸籍企画官兼民事局付)
       田中寿径(法務省民事局法務専門官)
  • 業務提携と独占禁止法・競争政策
      「業務提携に関する検討会」報告書のポイント(2)
      ――「業種横断的データ連携型業務提携」に関する独占禁止法上の考え方について

       笠原慎吾(公正取引委員会事務総局経済取引局経済調査室長)
  • 令和元年特許法等改正法の概要(下)
       川上敏寛(経済産業省特許庁総務部総務課制度審議室長)

 

連載コラム

  • 企業コンプライアンスの羅針盤(第3回)
      内部統制システムの運用義務と実務対応

       中村直人(弁護士)

 

連載

  • 法改正によるFintechの実務上の変化と新たな論点(第1回)
      銀行業高度化等会社を活用した銀行のFintechへの取組み

       堀 天子(弁護士)
       湯川昌紀(弁護士)
  • 企業の一生プロジェクト
      第5章 コーポレート・ガバナンス・システムの設計(3)

       宍戸善一(一橋大学教授)
       大崎貞和(株式会社野村総合研究所未来創発センターフェロー)
       木下信行(前アフラックシニアアドバイザー)
       中原裕彦(経済産業省大臣官房審議官(経済社会政策担当))
       水町勇一郎(東京大学教授)
       渡辺徹也(早稲田大学教授)
  • 独占禁止法判例研究会(第53回)
      垂直型企業結合における違法判断基準と問題解消措置
      ――日立金属による三徳の株式取得事例〔平成29年度事例集/事例2〕

       田平 恵(埼玉大学准教授)
  • 事例で作る法務研修のレシピ(第38回)
      「ビジネスと人権」への対応

       NBL法務研修委員会

 

NBLInformation

 

惜字炉

  • 「副業への投資」のススメ

 

>>バックナンバーへ

 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら