nbl

NBL 1189(2021.3.1)号

NBLは直接購読制・前払制を採っています。
 年間30,800円(税込)/半年15,950円+税
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。
 専用ファイル(半年分用)1,100円(税込)=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 
(データベースのみでは、お申込いただくことはできません)
 年間 本体18,480円+税/半年 本体9,240円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • 法務担当者がルールメイキングの発想を持つことの重要性
       官澤康平(弁護士)

 

論説

  • 元引受証券会社の引受審査に関するエフオーアイ最高裁判決(最三判令和2・12・22)の検討
      ――事業会社における通報等の調査の範囲・手法等への示唆を考える

       遠藤元一(弁護士)
  • 中国輸出管理法の概要と実務対応
       孫 海萍(弁護士)
       徐 承喆(弁護士)
  • ESG投資の視点・手法と日本法における受託者責任
       山本俊之(弁護士)
       安井桂大(弁護士)
     ●コメント
       神田秀樹(学習院大学大学院法務研究科教授)
  • 電子記録移転権利の法的位置付けについて
       大越有人(弁護士)
  • パーソナルデータの市場と競争(上)――競争法の"拡張"適用の視点から
       市川芳治(慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師)

 

連載

  • 企業の一生プロジェクト
     ――具体的イメージから説き起こす企業法がインセンティブ・バーゲニングに与える影響
      第10章 株主訴訟を提起される(6) ――取締役の責任について考える

       宍戸善一(武蔵野大学教授・一橋大学名誉教授)
       大崎貞和(株式会社野村総合研究所未来創発センターフェロー)
       木下信行(前アフラックシニアアドバイザー)
       中原裕彦(経済産業省大臣官房審議官(経済社会政策担当))
       水町勇一郎(東京大学教授)
       渡辺徹也(早稲田大学教授)
  • 米国個人情報・プライバシー保護法制をつかむ(第3回)
      米国における「個人情報」の概念と個人識別性

       松前恵環(駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部講師/
            東京大学大学院情報学環客員研究員)
  • 事例で作る法務研修のレシピ(第40回) 消費者取引に求められる「公正性」・「透明性」
       NBL法務研修委員会
  • 独占禁止法判例研究会(第58回) 高知県農業協同組合(土佐あき農協)事件
     (東京高判令和元・11・27(令和元年(行コ)第131号排除措置命令取消請求控訴事件))
       西村暢史(中央大学法学部教授)
  • Legal Analysis(第59回) 不法行為に基づく損害賠償請求訴訟による執行費用の請求の可否
       加藤新太郎(中央大学大学院法務研究科教授・弁護士)

 

この本

  • 難解な契約への処方箋――基本から、誠実に
      松田俊治 著『ライセンス契約法』

       関戸 麦(弁護士・ニュ-ヨーク州弁護士)

 

NBL Information

 

 

惜字炉

  • 公益法人のガバナンスを考える



>>バックナンバーへ

 

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら