nbl

NBL 1126(2018.7.15)号

NBLは直接購読制・前払制を採っています。
 年間28,000円+税/半年14,500円+税
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。
 専用ファイル(半年分用)1,000円+税=送料サービス=

 

NBLデータベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 年間 本体16,800円+税/半年 本体8,400円+税
 ※創刊号からの全記事を収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)

 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

 

HOT/COOLPlayer

  • ADR法制の改善に向けた日本ADR協会の取組み
       垣内秀介(東京大学教授)

 

論説

  • 労働契約法20条をめぐる最高裁二判決の意義と課題
       大内伸哉(神戸大学大学院法学研究科教授)
  • 不正競争防止法平成30年改正の概要
       経済産業省知的財産政策室
  • 平成30年改正特許法等の概要
       佐伯昌彦(特許庁制度審議室審議企画班長・法令企画班長)
  • 生産性向上特別措置法の概要
       北島洋平(経済産業省経済産業政策局生産性向上特別措置法案準備室室長補佐)
       村尾 梢(経済産業省経済産業政策局生産性向上特別措置法案準備室係長)
       笠井玲子(経済産業省商務情報政策局情報経済課課長補佐)
       上野正樹(中小企業庁事業環境部財務課課長補佐)
  • 日本の仲裁活性化のための提言 (座長私案)(上)
       柏木 昇(国際仲裁制度研究会座長・東京大学名誉教授)

 

新連載 フィールドレポート国際仲裁最前線(第1回)

  • シンガポール国際仲裁センターにおける調査研究報告および最新動向について
       武田彩香(法務省訟務局国際裁判支援対策室局付)

 

論説

  • グローバルな社会変動に向けた法曹養成論――基礎法学と実定法学の連携教育
       遠藤直哉(弁護士・博士(法学))

 

資料

  • ADR法制の改善に関する提言(2018年4月25日、一般財団法人日本ADR協会)

 

連載

  • ポイント解説 AI・データの利用に関する契約ガイドライン(第3回)
      AI編(1) 総論、技術、契約の現状

       福岡真之介(弁護士)/波多江崇(弁護士)/渡辺知晴(弁理士)
  • GDPRガイドラインの解説(第7回)域外移転に関する例外(49条)
       森 大樹(弁護士)/関口朋宏(弁護士)
  • 日米クラスアクションのリスク管理――BDTI研究会報告書から
      (第4回・完)消費者裁判手続特例法の実務上の問題点

       島岡聖也(BDTIクラスアクション・リスク管理研究会 座長)
       市川佐知子(BDTIクラスアクション・リスク管理研究会 事務局・弁護士)
  • ミャンマー不動産法の理論と実務(第5回)不動産利用権の変動
       湯川雄介(弁護士)/今泉 勇(弁護士)/鈴木健文(弁護士)
  • 海外注目事例からみえてくる 競争法実務の着眼点(第14回)
      欧州:高級化粧品のサプライヤーによるブランドイメージ保護を理由とする選択的流通と第三者プラットフォームでの販売の制限

       帰山雄介(弁護士)/有働達朗(弁護士)

 

NBLInformation

 

 

惜字炉

  • 西野ジャパンのラスト10分と一連の企業不祥事

 

 

 法制審議会便り

  • 会社法制(企業統治等関係)部会第13回会議
       藺牟田泰隆(法務省民事局付)
  • 民事執行法部会第20回会議
       吉賀朝哉(法務省民事局付)

 

>>バックナンバーへ

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら