資料版商事法務

資料版/商事法務 458(2022.05)号

資料版/商事法務は直接購読制・前払制を採っています
 年間 47,300円(税込) /半年購読制なし
 ※ご購読継続は、更新月の3ヵ月前に請求書をお送りします。

 

資料版/商事法務データベースは、定期購読契約に追加での契約となります。
 
(データベースのみでは、お申込いただくことはできません)
 年間 23,760円(税込)
 ※雑誌を創刊号から収録し、キーワードでの一括検索が可能です。
   (最新号の収録は、刊行から2週間後になります)
 ※毎月15日までのお申込みで、翌月からの使用が可能です。
  (月末に、ID・パスワードの案内をいたします)

定期購入のお申し込み

 

主要項目

視点

  • 市場再編が株主総会にもたらす影響

 

  • 2022年施行改正会社法および商業登記規則等の実務対応
       早川将和(司法書士)
  • 海外向けIR・SR 展開に当たってのポイント・留意点
       岩田宜子(ジェイ・ユーラス・アイアール)
  • 多様性のある取締役会の実効性確保の在り方
       塚本英巨(弁護士)
  • 有価証券報告書における記述情報開示の最新動向と開示事例
       安井桂大(弁護士)
       西原彰美(弁護士)
       森 千彦(弁護士)
       平原将人(弁護士)
  • 統合報告書におけるESG 情報開示の最新動向
       小谷正彰(ディスクロージャー&IR総合研究所)
       高橋将光(ディスクロージャー&IR総合研究所)
  • 知財・無形資産ガバナンス先進企業の開示例の分析
       澁谷展由(弁護士・公認不正検査士)

2022年6月総会対策

  • 2022年6月総会に向けた本年トピックの最終準備
       山田和彦(弁護士)
       小原隆太郎(弁護士)

 

連載

  • 会社法制定後の軌跡を振り返って──現在地の検証──
      ──第1回 会社法ならびにその後の改正法──

       土岐敦司(弁護士)
  • 会社法に基づく計算関係の実務の要点──第5回 注記表(1)──
       片山智裕(弁護士・公認会計士)
       金谷利明(弁護士)

 

判例評釈

  • 日邦産業株主総会決議取消請求訴訟の検討
      (名古屋高判令和4年2月18日本誌457号132頁、名古屋地判令和3年7月13日同134頁)

       髙橋陽一(京都大学大学院法学研究科)

 

最近の裁判動向

  • 日産自動車役員報酬等に係る金融商品取引法違反被告事件
       東京地判令4・3・3

 

2022年4月総会58社の分析

  • 株主総会概況
  • 記載例・開示例
  • 一般会場開催会社の開催場所一覧
  • 各社の開催状況一覧
  • 株主の質問
  • 臨時総会動向(3月開催12社)

 

つぶやき

  • コーポレートガバナンス体制の発展のために

 

>>バックナンバーへ