実践 平成26年会社法改正後のIR総会とガバナンス

実践 平成26年会社法改正後のIR総会とガバナンス

今井和男・柴田征範 編著

A5判並/270頁

ISBN:978-4-7857-2256-2

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2015/03

詳細
平成26年に企業統治に対する会社法の規律が改正され、さらにはコーポレートガバナンス・コードが制定される方向にある現在、株主総会のあり方は大きな転換点を迎えている。このような状況で、まさに新しい時代の「IR総会」への姿勢が企業に求められているなか、熟練の企業法務弁護士が、今実践すべき株主総会の実務を解説する。

〈主要目次〉
第1部 IR総会を実践するために 
 第1章 IR総会とは
 第2章 IR総会の具体策
 第3章 日本版スチュワードシップ・コードへの対応
 第4章 買収防衛策の今日的意義
 第5章 賛同を得られる各種議案への取組み

第2部 ステークホルダーに向き合う企業統治
 第1章 会社法改正のガバナンスの強化をどのように実現するか
 第2章 社外取締役、社外監査役の役割、人選(委員会設置会社を踏まえて)
 第3章 コーポレートガバナンス・コードへの対応
 第4章 ROE経営の限界

第3部 総会担当者による座談会 
 1 平成26年の株主総会を振り返って
 2 昨今の株主総会の傾向
 3 ビジュアル化
 4 総会の運営
 5 事前質問状への対応方法
 6 お土産の配付等
 7 「良い総会」とは

事項索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら