クロスボーダー事業再生――ケース・スタディと海外最新実務

クロスボーダー事業再生――ケース・スタディと海外最新実務

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 編

A5判並/266頁

ISBN:978-4-7857-2287-6

定価:3,300円 (本体3,000円+税)

発売日:2015/05

詳細
リーマン・ブラザーズ・グループ、麻布建物、エルピーダメモリ、三光汽船など、筆者らが過去数年間において実際に関与した国際的要素のある事業再生・倒産案件に関する事例報告と実務上問題となるトピックを集めた論稿集。

〈主要目次〉
序 事業再生の国際化とわが国の実務への影響

Ⅰ ケース・スタディ
 第1章 Spansion Japan─日米親子会社の国際並行倒産
 第2章 麻布建物株式会社
 第3章 エルピーダメモリ─社債権者から見た会社更生手続と米国チャプター15手続
 第4章 リーマン・ブラザーズ・グループの国際倒産処理手続─国境を越えたグループ企業の倒産処理
 第5章 リーマン・ブラザーズ・グループの倒産処理手続─デリバティブ取引に関して生じた諸問題
 第6章 ベルネット株式会社─中国現地法人の換価
 第7章 三光汽船株式会社

Ⅱ 海外最新実務の紹介
 第8章 地方自治体の破綻と再建─デトロイト市と夕張市を例に
 第9章 米国航空機ファイナンスへの投資とチャプター11
 第10章 英国の事業再生制度
 第11章 ソブリン債のリストラクチャリングにおける債権者委員会─その利点と懸念への対応
 第12章 中国の倒産手続と国際倒産手続との交錯─サンテック案件を題材に
 第13章 メキシコの倒産法改正

Ⅲ 各国承認援助法制
 第14章 諸外国における承認援助法制について

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら