仲裁とADR Vol.11

仲裁とADR Vol.11

仲裁ADR法学会 編

B5判並製/140頁

ISBN:978-4-7857-2426-9

定価:3,080円 (本体2,800円+税)

発売日:2016/05

詳細
2015年の学会で報告されたシンポジウム「事業再生ツールとしての倒産ADR」および2つの個別報告、研究者による「論説」、実務家による「実務の潮流」「海外文献紹介」「ADR機関便り」等を収録。

〈主要目次〉
論  説
 ADRをめぐるドイツの近況……垣内秀介
 ハーグ子奪取条約の実施に伴う国際家事メディエーションの現状と課題……渡辺惺之・長田真里

実務の潮流
 日本のADRの現状――弁護士会ADRの周辺……渡部 晃 
 遺産分割におけるハーモニアス・ネゴシエーション(調和型交渉)の課題……奈良輝久

ケース研究
 国民生活センター紛争解決委員会の概要とその特質及び課題……松本恒雄・井口尚志
 東京都建設工事紛争審査会の活動実績について……滝澤信之

海外文献紹介

ADR機関便り
 「ソフトウェア紛争解決センター」が提供するADR……平澤高美
 「行政書士ADRセンター東京」の現状と諸問題……綾 崇・中尾美絵子

個別報告
 紛争解決の第一段階(一応の解決)と第二段階(真の解決)……廣田尚久
 専門家社会におけるコミュニケーションの位相――ADRが魅力的選択肢となることを阻害するもの……石崎雅人

シンポジウム
 事業再生のツールとしての倒産ADR――挑戦するADR
  〔司会〕 中島弘雅 〔報告者〕 富永浩明・加藤寛史・濱田芳貴
  〔コメンテーター〕 山本和彦

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら