金融商品取引法コンメンタール第1巻 定義・開示制度

金融商品取引法コンメンタール第1巻 定義・開示制度

神田秀樹・黒沼悦郎・松尾直彦 編著

A5判上製/1064頁

ISBN:978-4-7857-2446-7

定価:13,200円 (本体12,000円+税)

発売日:2016/08

詳細
金融商品取引法と金融商品販売法の全条文について一条ごとに趣旨・沿革および解釈の形式で解説を付し、平成27年改正までをカバーした金商法コンメンタールの決定版。第1巻は定義・開示制度(第1条~第27条の35)。

〈主要目次〉
金融商品取引法
第1章 総   則
第2章 企業内容等の開示
第2章の2 公開買付けに関する開示
第2章の3 株券等の大量保有の状況に関する開示
第2章の4 開示用電子情報処理組織による手続の特例等
第2章の5 特定証券情報等の提供又は公表

事項索引
判例索引

書籍検索

別冊NBL、別冊商事法務を含む商事法務の関連書籍をキーワードから検索できます。

メールマガジン

会員募集中

新刊情報、法務ニュースなどの情報をいち早くお届けします。原則週2回配信しております。(無料)*携帯メールには対応しておりません。

登録・詳細はこちら